今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2017/04/16
島根県大田市 「ちいさなお宿 泉弘坊」

神楽を夕方近くまで楽しみ、お宿の島根県大田市の「ちいさなお宿 泉弘坊」さん
へ。2部屋しかないと言う宿です。お部屋は8畳、トイレ、洗面台は共同。
01



お風呂はひとつのみなので貸切スタイルとなります。小さな浴室に2.5mx1mぐらいの
小さな湯船です。湯船の縁が少し茶色になっています。湯の色は半透明、緑かかった
灰色に見えます。
02



泉質はナトリウム-塩化物強塩泉。源泉温度は20°なので熱湯による加温です。右の
蛇口が源泉、左が熱湯。浴感はさらり、味は強い塩味とかすかな苦み、匂いは鉄と
煙硝臭。湯温を低めにして入りましたが、額から汗がぽとぽと。源泉くみ出し場所
はお庭の隅でした。
03


[島根県大田市 「ちいさなお宿 泉弘坊」]の続きを読む
  1. 2017/04/16(日) 23:54:49|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2017/04/16
島根県川本町 第13回「因原交流神楽大会」

島根県石見地方では、休日ともなればあちこちで石見神楽が行われます。有料も
あれば無料もあり、また規模もこぢんまりしたものから大会場のものまであります。

今回、島根県川本町の「因原交流神楽大会」を観劇しようと朝5時20分に我が家を
出発、ひたすら走って8:10分に会場の川本西公民館に到着。すでに150人ぐらい開場
待ちでびっくり。
01



小さな会場はお客様でいっぱい。9:30から夕方まで8演目がぶっ続けで舞われ、入場
料は無料です。お腹が空けば、外のテント村でおにぎりなど購入して食べながら楽
しみました。
02



「剣舞」(大都神楽団、江津市)。これは場を浄める儀式舞だそうです。奏楽の人も
舞う人も狩衣の衣装でした。笛の音が厳かに奏でられ、大太鼓、小太鼓、手打鉦と順
に打たれ、徐々に速くなる。横笛は女性、今回の7つの神楽団の5つが女性の横笛で
した。隣のおじさんによると、息が長く、やわらかい音だそうです。
03


[島根県川本町 第13回「因原交流神楽大会」]の続きを読む
  1. 2017/04/16(日) 22:45:25|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2017/04/08
岡山県真庭市別所 霞む蕾の「醍醐桜」 2017年

やっと明けた早朝、岡山県真庭市別所の「醍醐桜」を目指して出発。靄がずっと
かかった状態でした。7:00に駐車場に到着、小雨は止んだけど、靄ははれる事な
く、見上げると微かにシルエットが見えていました。
01



人もまばら、ひっそりした醍醐桜。毎年違った顔を見せてくれます。
02



少しずつ明るくなり、ウグイス、ヤマガラ、ホオジロ、メジロなど、あちこちから
さえずりが聞こえだし、白黒だった桜も色がはっきりと見えてきました。
03


[岡山県真庭市別所 霞む蕾の「醍醐桜」 2017年]の続きを読む
  1. 2017/04/08(土) 22:13:34|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2017/04/02
東伯郡琴浦町赤碕 「神崎神社」 本殿彫刻(後半)

神崎神社」の本殿彫刻(前半)はこちら。拝殿彫刻はこちら

次は四隅の斗栱下台輪の持送り、植物の彫刻が施されています。高くて見逃しやす
いです。位置と形はこんな感じです。
18



いろいろな植物があり、代表的な紅葉、牡丹、菊など良くわかるものから初めて目
にするものなど。これは何かな~と調べ、分かった時の嬉しさも神社彫刻の醍醐味
です。今回は全てを紹介できないので代表的なものを数点。

葉を見てあやめと思ったけどランの様にも見え、また両上隅は花なのかそれとも別の
何かなのか謎は深まるばかりです。その裏はパンフレットにも書いてあったので牡丹
と左上に蝶々、右下に蝉。
19



大根と2匹の鼠、その裏には大根の実。
20


[東伯郡琴浦町赤碕 「神崎神社」 本殿彫刻(後半)]の続きを読む
  1. 2017/04/02(日) 23:05:05|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2017/04/02
東伯郡琴浦町赤碕 「神崎神社」 本殿彫刻(前半)

拝殿彫刻については別記事

拝殿彫刻を堪能した後は「神崎神社」本殿へ。入母屋造、平入り、千鳥破風、向拝
は唐破風。この形式は「宮殿(くうでん)造」とか「八棟(やつむね)造」と呼ば
れます。妻の角度がかなり鋭角で屋根が高くなっています。入母屋の軒反りや向拝
縋破風が優雅な曲線で美しいです。屋根は2015年に葺替えが終わったばかりの檜皮
葺、陽が当たると赤銅に輝きます。3カ所の妻懸魚の奥に蟇股彫刻が潜んでいますが、
望遠レンズでないと不可でした。
01



本殿は透塀に囲まれているので彫刻は外からしか見る事ができないと思い込んで
いたので、今回の荒神市で公開されるかと期待してやってきました。感が当たって
本殿への戸が開いていました。帰りに宮司さんにお聞きしたら最近は常時公開して
いるそうで、あららでした。
02



本殿右から入ります。すぐに彫刻の数々が目に飛び込んできます。上にも下にも。
焦ってあちこち写真を撮ってしまうと後から大変になるので、見る順序を最初に決
めます。
03


[東伯郡琴浦町赤碕 「神崎神社」 本殿彫刻(前半)]の続きを読む
  1. 2017/04/02(日) 22:46:57|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ

ひさごん&よこりん

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search