今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2015/03/31
越前~京丹後旅(その10) 京丹後市久美浜町 「ミルク工房そら」、「レセプションガーデン」

温泉を満喫した後は予定がないまま帰路につきます。途中ランチで、出石に向かう
か、あるいは豊岡、その先の香住にしようか。ま~毎度の事ですが思いつき。

あてもないまま20分程進むと「みるく工房そら」の案内を発見。寄ってみました。
右には家畜舎があり、そこでジャージー牛が飼育されていました。
01



各種乳製品とジェラート販売、隣りの棟はcafeスペース、ピザ窯もありました。
02



さっぱりしたソフト(340円、JAF会員は50円引き)と玉子って感じのとろとろ
ジャージープリン(310円)をいただきました。
03


[越前~京丹後旅(その10) 京丹後市久美浜町 「ミルク工房そら」、「レセプションガーデン」]の続きを読む
  1. 2015/03/31(火) 23:47:24|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:4

2015/03/31
越前~京丹後旅(その9) 久美浜温泉 「湯元館」

今日の予定はこれと言ってないので、ゆっくり朝食をいただいた後、お宿でのんび
り。調べていた温泉が近くにあるので入ります。お宿を出発したらわずか4kmで到着。
京丹後市久美浜町平田の久美浜温泉「湯元館」さん。大きな駐車場は、ほとんど止
まっていませんでした。
01



入浴料は600円。もっと小さな温泉と思っていましたが、館内にはお土産コーナー
や食事処もあり、また宿泊も可能。
02



四角い浴室の一方に6mx6mぐらいの大きな四角の湯船、大きめの水色のタイルで清潔
感いっぱいです。
03


[越前~京丹後旅(その9) 久美浜温泉 「湯元館」]の続きを読む
  1. 2015/03/31(火) 22:12:22|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

2015/03/30
越前~京丹後旅(その8) 木津温泉 「ゑびすや(温泉編)」

京丹後市網野町、木津温泉の「ゑびすや」さんには源泉掛け流しの貸切家族風呂が
あります。宿泊予約時に申し込みしていました。

貸切風呂の予約時間まで少し時間があるので、まずは大浴場に入りました。新館側
にあり、正面のステンドグラスの所が「行基の湯」、手前左が「橘の湯」です。
男女交代制になっていて、夜は女性「行基の湯」、男性「橘の湯」。新館側の大浴
場は源泉が離れていて加温、循環しているそうですが、消毒はなし。
01



「橘の湯」、内湯は岩風呂で、床は薄黒の大きな石タイル張りになっています。
その向こうに見えているのが、露天のようです。
02



正面の石組みの上から湯が注がれ、底の敷かれた石の色で湯が青っぽく輝いていま
す。深さは膝上10cm程で、一部腰掛けが設けられています。
03


[越前~京丹後旅(その8) 木津温泉 「ゑびすや(温泉編)」]の続きを読む
  1. 2015/03/30(月) 23:49:25|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

2015/03/30
越前~京丹後旅(その7) 木津温泉 「ゑびすや(お宿編)」

福井駅「プリズム福井」でうろうろしていたら、もうこんな時間、慌てて今日の
お宿に向かいます。福井市からひたすら走って、17:00(735km)に到着したのは、
京丹後市網野町、木津温泉の「ゑびすや」さん。
01



受付・ロビーは新館です。浴衣を選んで、お部屋へ案内していただきます。この日
はお客様もすくなく、館内はとても静かでした。
02



お部屋は本館。長い廊下を進むと、途中から建物の雰囲気が変わってきます。ノスタ
ルジックな古いデザインで、窓のガラスも古いものの様で微妙にゆがんでいました。
本館は小さな川を渡って行きます。その渡り廊下の左には大きな桜が咲き始めてい
ました。
03


[越前~京丹後旅(その7) 木津温泉 「ゑびすや(お宿編)」]の続きを読む
  1. 2015/03/30(月) 23:12:41|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2

2015/03/30
越前~京丹後旅(その6) 福井駅前 「あみだそば 遊歩庵」の越前おろしそば

お土産でもと、何でもありそうな福井駅の「プリズム福井」へ。その前にランチ、
昨日食べられなかった越前そばをぜひ食べてみたいと、駅前のお蕎麦屋さんへ。
お伺いしたのは、「あみだそば 遊歩庵(ゆうぶあん)」さん。満席だったので、
少し外で待ちました。
01



大きなテーブル席が3卓、もちろん相席です。そして驚いた事に、ほとんどのお客
様がスーツ姿のビジネスマン。地元の方とは思えないが、繁盛していました。

お品書きはこちら。冷たいおろしのみとなっています。そば茶をいただきながら、
様子をうかがうと、皆さん豪快にすすって、あっと言う間に完食でした。
02



おすすめのおろしそば三昧(1300円)。2皿分のそばと3種の出汁。どうやっ
て食べたらいいですかとお聞きしたら、やはりつけて食べて下さいでした。つけ出汁
は手前から、おろし、わさび、とろろです。
03


[越前~京丹後旅(その6) 福井駅前 「あみだそば 遊歩庵」の越前おろしそば]の続きを読む
  1. 2015/03/30(月) 22:47:31|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2015/03/30
越前~京丹後旅(その5) 「東尋坊」の絶景

昨日の雨も上がって晴天。晴れている今がチャンスとお宿を出発、あっと言う間に
東尋坊に到着(9:10)。駐車場はお土産物屋さん、止めると10%引きの券を渡され、
帰りにうちで買って帰ってねと。買わなくても可。

両側にびっしり並ぶお土産物屋さんも準備中。やたらと目立つ海鮮丼のお店とソフト
クリーム屋さん。
01



お店通りを抜けると、緩やかに下る岩盤、その向こうはたぶん絶壁。高所恐怖症だ
けどまだまだ怖くはない(笑
02



お宿に割引券があったので、まずは遊覧船。眼下に見えていますが、そこへの道も
かなりの傾斜。料金は1300円。
03


[越前~京丹後旅(その5) 「東尋坊」の絶景]の続きを読む
  1. 2015/03/30(月) 22:08:44|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2015/03/29
越前~京丹後旅(その4) 鷹巣温泉 「国民宿舎 鷹巣荘」

今日のお宿はリーズナブルで温泉の評判も良い、鷹巣温泉「国民宿舎 鷹巣荘」さん。
到着は17:40、我が家から470km走りました。何の風情もない四角い建物です。後から
お聞きしたら、元は市の施設だったそうです。ただいま文字看板修理中(笑
01



受付をしていると、日帰り入浴の方がどんどんやっていらっしゃいます。夕食まで
に温泉と思っていましたが、激混みらしく、8時過ぎたら宿泊の方だけになるとの事
なので宿の下の鷹巣海岸の散歩に出かけました。ここは越前加賀国定公園の一部だ
そうです。写真右下が海岸からみたお宿。
02



お部屋は全室2Fで、宿のすぐ下は漁港、左側には海岸が見えていました。リーズナ
ブルなのでお布団敷きはセルフ。トイレはとても綺麗で最新のウォシュレット。以前
はトイレがなかったそうですが、リニューアルの時に設置したそうです。
03


[越前~京丹後旅(その4) 鷹巣温泉 「国民宿舎 鷹巣荘」]の続きを読む
  1. 2015/03/29(日) 23:47:44|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2015/03/29
越前~京丹後旅(その3) 「永平寺」を訪ねて

さていよいよ今回の一番の目的、昨年2度も近くまで来ていて時間の都合で果たせ
なかった「永平寺」へ。母の供養も兼ねて。少々回り道して15:20(405km)

お土産屋さんに駐車させていただきます。帰る時に1000円以上購入なら無料になる
そうです。買わなければ400円。門前の道を進むと、正面にお寺の一部が見えてきま
した。
01



突き当たりを右に曲がったらお寺の参道、杉の巨木に囲まれています。最初の建物
から相当大きいですが、後程もっと規模が大きいと知る事になりました。
02



拝観料500円。すぐ畳の大広間で若い修行僧による説明があります。見所やマナー
など。撮影はいいけど、フラッシュと修行僧には向けない様にと注意がありました。

永平寺には京都の寺にあるようなお宝はないそうで、数少ない宝の1つがこの天井絵
だそうです。
03


[越前~京丹後旅(その3) 「永平寺」を訪ねて]の続きを読む
  1. 2015/03/29(日) 23:10:23|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2015/03/29
越前~京丹後旅(その2) 「福井県立 恐竜博物館」

ランチの後は、一度は見てみたいと思っていた「福井県立 恐竜博物館」へ。
近づくと巨大な球形の建物が見えてきました。TVで内部の展示などをちらっと見た
だけでしたので、施設の規模の大きさにびっくりです。恐竜の展示施設以外にも、
発掘体験などありました。入館料は720円。
01



入館すると、大きな空間。その中央を長いエスカレーターで下に3階下り、下から順
路に従って、上って行きます。

最初から通路の両壁に化石の展示。その大きさを間近で見る事ができます。また発
見された姿も再現されていて、この時点ですでに惹きつけられてしまいました。
02



進むと、人混みの向こうに恐竜の姿が見えてきました。巨大なドーム内で薄暗く、
展示に合わせた部分照明がなされています。
03


[越前~京丹後旅(その2) 「福井県立 恐竜博物館」]の続きを読む
  1. 2015/03/29(日) 22:34:50|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2015/03/29
越前~京丹後旅(その1) 福井県坂井市 谷口屋の「竹田の油あげ」

昨年断念した「永平寺」、今年こそはと計画を立てました。もちろん食べ物や温泉
も取り混ぜて。

我が家を早朝5:25に出発、8:30には与謝天橋立ICから高速に乗り、ひたすら走って
9:50(279km)に三方五湖PAで休憩。北陸自動車道を福井北で下道へ。何にも無さそ
うな山道を進むと、お目当てのランチのお店が見えてきました。福井県坂井市の
谷口屋」さん。11:25(377km)。
01



お店前の駐車場はすでに満席、道路向かいの第2駐車場へ。すごい人で溢れかえっ
ていました。案内の方によれば、1時間待ちとの事。たかが油あげだけど超人気。

メニューを見ながら待つこと1時間。2Fへ案内される。2Fは1Fと違ってザワザワし
ていなかったです。団体、予約用の様な感じでした。

こちらが食事メニュー。どうみても、写真にのっている2つがおすすめの感じです。
他に豆腐、油揚げの単品料理や豆腐を使ったデザートなどありました。
02



オーダー時、油揚げは食べやすい様にカットもできますとの事ですが、もちろんその
ままでお願いしました。オーダーを済ますと、油揚げの食べ方が出されます。
03


[越前~京丹後旅(その1) 福井県坂井市 谷口屋の「竹田の油あげ」]の続きを読む
  1. 2015/03/29(日) 22:12:52|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
次のページ

ひさごん&よこりん

02 | 2015/03 | 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search