今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2017/06/10
九州・山口旅2017(5) 川棚温泉 「竹園旅館」

2泊目のお宿は山口県の川棚温泉「竹園旅館」(山口県下関市豊浦町)さん。15:40着
(845km)。
01



お部屋は、質素な6畳です。
02



お風呂は男女別であり、翌朝入れ替えと説明受けましたが、男性客が多く、女性客が
5人なので入れ替えしないと夕食前に告げられました。女性浴室は男性浴室の1/4ぐら
いで、広い湯船を楽しみにしていたよこりはがっかり。

広い浴室は湯船が2つ。大きい方は1.5mx3mぐらい、小さい方は2人も入ればいっぱい
になる広さ。無色透明な湯、特徴はほとんどありません。大きい方が42°ぐらい、
小さい方が40.5°ぐらいでした。
03


[九州・山口旅2017(5) 川棚温泉 「竹園旅館」]の続きを読む
  1. 2017/06/10(土) 23:40:20|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2017/06/10
九州・山口旅2017(4) 巨木に出会う 「川棚のクスの森」

今夜のお宿は川棚温泉。チェックインし、ふとフロントに置いてある写真を見たら
とんでもない巨木の姿。お聞きしたら車で10分と近い、一風呂浴びて向かいました。

大きな駐車場が整備されていて、車から降りたら、すでに上方に見えています。
この位置からでは、他の木もあり全容がはっきりしませんが、相当な広がりです。
01



階段を上ると芝生の広場、その中に巨木「川棚のクスの森」(下関市豊浦町)が
どっしりと居座っています。森と名前が付いていますが一本の木です。あまりの大
きさで、まさに森。巨木の近くには井戸の跡があり水が豊かな場所なんだと思いま
した。
いつもの様にざっと目測、右の張り25m、左の張り20m、高さ30m。後から案内板を
確認したら、南北53m、高さ27mとなっていました。
02



少し近づくと枝の様子が良く分かります。かなり低い位置から四方八方に枝分かれ
して、全方向に伸びています。
写真右の地面から斜めに伸びる木は本体から伸びた横枝が地面に接し再び芽を出し
大きく育ったもので「飛び枝」と言われるもの、初めてみました。
03


[九州・山口旅2017(4) 巨木に出会う 「川棚のクスの森」]の続きを読む
  1. 2017/06/10(土) 23:05:31|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2017/06/10
九州・山口旅2017(3) 下関「唐戸市場」でランチ

今夜のお宿は山口県。九州から移動の途中のランチはどこにするか。前回は門司港
だったので、今回は対岸の下関の「唐戸市場」。
01



市場内のあちこちにテーブルがあり食事なさっています。2Fにもテーブルが設置さ
れていましたし、外の芝生でも多くの人が食事中。もちろん場内で購入してです。
02



場内2Fから下を見ると沢山の人が群がっています。よく観察すると、沢山のお店が
あり、パックに好きなものを選んでいらっしゃいます。
03


[九州・山口旅2017(3) 下関「唐戸市場」でランチ]の続きを読む
  1. 2017/06/10(土) 23:05:01|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2017/06/10
九州・山口旅2017(2) 湯布院 「塚原温泉・火口乃泉」

宿を後にして向かったのは立ち寄り湯。2010年暮れ、別府に向かう途中、温泉への
案内を見て、この温泉を教えて下さった「ど~も」さんを思い出しました。その時
は時間がなく残念でした。なので今回は必ず入ると計画。

湯布院の「塚原温泉・火口乃泉」の案内に従って山に向かって行くと、中腹あたり
にだだっ広い駐車場がありました。
01



管理棟・有料休憩室、男女別共同浴室棟、家族風呂貸切棟、露天風呂と点在してい
ます。こちらが、男女別浴室棟。
02



今回は家族風呂(1時間2000円)に入る事にしました。別棟に4つ貸切風呂があります。
手前が貸切風呂、その奥が露天風呂。
03


[九州・山口旅2017(2) 湯布院 「塚原温泉・火口乃泉」]の続きを読む
  1. 2017/06/10(土) 22:12:25|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2017/06/09
九州・山口旅2017(1) 由布院温泉 「秘湯の宿 奥湯の郷」

所用で九州へ。ついでに温泉と観光で昨年同様九州、山口のルート。それぞれ一泊
なので同じ様なコースとなりました。

朝早く4:45に出発、10:25に定番の壇之浦PA。九州に渡って3時間程所用をこなし、
途中「蔵出しめんたい本舗」に立寄り、今夜の宿に真っ直ぐ向かいました。
01



大分自動車道を湯布院ICまで。離合不可能の様な山道をくねくねと進み今夜のお宿に
17:10着(663km)。お宿は、由布院のかなり山奥にある一軒宿「秘湯の宿 奥湯の郷
さん。樹木の中にひっそりと佇む、平屋のこぢんまりとしたお宿。
02



源泉がチョロチョロ注がれ、特徴の説明が書いてあります。後程女将さんにお聞き
したら、近くに自噴している源泉場があり、そこから引いているそうです。98°の
高温のため危険なので絞っているそうです。ちなみに地熱発電していて売電もして
いるとの事。
03


[九州・山口旅2017(1) 由布院温泉 「秘湯の宿 奥湯の郷」]の続きを読む
  1. 2017/06/09(金) 23:56:27|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2017/06/03
岩美郡岩美町浦富 「許野乃兵主神社」

岩美中学校の裏山、道路に沿うように石段が続いています。参詣したのは「許野乃
兵主神社」(岩美郡岩美町浦富686)、読みは難しく「こののひょうす」。
01



30段上ったら目の前にとんでもない石段。もう数える気も失せてしまう。暑い日、
ハァハァ言いながらもしっかり数えていました、93段。合わせて123段。
02



上りきると両脇に狛犬、正面に簡素な新しい拝殿、左に手水舎。
03


[岩美郡岩美町浦富 「許野乃兵主神社」]の続きを読む
  1. 2017/06/03(土) 23:38:12|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

2017/06/03
岩美郡岩美町網代 「あじろカフェなだばた」

今日は岩美町網代の漁港脇にできた「あじろカフェなだばた」さんへ。地区のお母
さん達が料理を提供なさっています。
01



店内はテーブル席x5、カウンター席、他に外のテラス席とありますが、かなりこぢ
んまりとしています。11時からの営業ですが次々と来店ありました。

メニューはこちら。
02



うみ(800円)。煮付けと4種プレート、漬け物、おみそ汁。
03


[岩美郡岩美町網代 「あじろカフェなだばた」]の続きを読む
  1. 2017/06/03(土) 22:29:32|
  2. 和食|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0

ひさごん&よこりん

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search