今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2011/01/03
湯けむりを求めて02 「長崎新地でチャンポン、そしてグラバー園」

「山陰脱出 行き当たりばったり温泉三昧ツアー」

大晦日をホテルで過ごしてみたいなーの一言で、じゃー折角なら温泉がいいのでは
と言う事になったのが9月。それから毎日どこに行こうかと、温泉雑誌を見ながら
悩む日々。結局ぱるぴの初上陸の希望に応えて九州に決定。それからお宿の手配を
しましたが、時すでに遅し大晦日は手配できない状況でした。帰りの行程もかなり
あるので、今回は山口まで帰って大晦日を越す計画になりました。


12月29日
朝4:10出発、すぐ蒜山の圧雪に遭遇。覚悟をしていたものの、これからの距離
を考えると心配です。米子道、中国道は雪もなくスムーズですが、広島の山間部の
ゲリラ雪など心配なので今回は山陽道で向かいました。途中運転を交代しながら、
10:10(470k)に壇之浦PA到着。関門海峡の向こうは九州、関門海峡って
こんなに狭かったのかーが実感。
01



ひさごんは眠っていましたが、その後ひたすら走り、12:50(662k)に長
崎到着。長崎チャンポン、長崎チャンポンと言いながら真っ直ぐやって来たのは、
長崎新地。
02



こてこての中華街はとても楽しい。食べ物屋さんで溢れかえっていました。中国菓
子のお店「福建」さんで、よりよりを購入。よりよりは小麦を捻って大豆油で揚げ
たお菓子。他に各種月餅も購入。
03







さて、目的の長崎チャンポン、お店が沢山あるのでどのお店にするか迷う。こんな
時は人が列をなしているお店に限ります。そうして、列に並んだお店は「中国菜館
江山楼
」さん。本館に並んでいましたが、案内されたのは向かいの新館でした。
04



こちら特上チャンポン。豪華なフカヒレの入った具材がどっさり、スープはこって
りと見えますが意外にもさっぱりとしていていました。いろんな旨味があり、美味
しかったです。
05



並皿うどん(細)。餡の中は細いパリパリ麺。うどんと名が付きますが、堅焼きそ
ばの感じです。こちらも餡の具材は豊富です。
06



このお店の名物、とんぽうろう。とろっとした甘めの角煮を蒸し饅頭にはさんでい
ただきます。他に春巻きもいただきました。
07





お腹がいっぱいになったら、次はグラバー園へ。修学旅行で来た事がありますが、
大昔なのでさっぱり思い出せません。

グラバー園の高台から、長崎の街を見下ろした所。
08



こちらは旧三菱第二ドックハウス。
09



旧自由亭。こちらはカフェになっていましたので、ちょっと休憩。
10



店内もレトロ感いっぱいで、なんだか時代錯誤しそうです。
11



こちらでは、ケーキセットではやはりカステラですよね。長崎堂のカステラでした。
カステラの底のザラメが特徴的でした。
12



旧リンガー住宅より長崎の港を眺ムルの図。
13



さーやって来ました旧グラバー住宅。
14



うーーん、なんだか朧気ながら修学旅行の時を思い出した様な気がします。確かこ
のアングルだったなー。それと巨大なソテツもおぼえています。
15



グラバー園を出るとすぐ大浦天主堂があります。すでに17時過ぎで、時間切れ近
かったですが、どうしても見学したかったので足早に見てきました。席に座ってい
ると、ふーと力が抜けて行く様なそんな空間でした。ステンドグラスから差し込む
光は素敵でした。
16



さて、これからお宿までもう少し移動しなければなりません。さすがに疲れたので
早く温泉にでも。
  1. 2011/01/03(月) 19:30:00|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<湯けむりを求めて03 「佐賀 嬉野温泉 湯宿 清流」 | ホーム | 湯けむりを求めて01 「山陰脱出 行き当たりばったり温泉三昧ツアー」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search