今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2011/01/03
湯けむりを求めて07 「別府地獄巡り そして 国東半島で関サバ」

12月31日
お宿の駐車場でこれから地獄巡りをしたいと尋ねると、両隣が地獄ですよ、ここか
ら歩いて2分とおっしゃる。えぇーーー知りませんでした。地獄巡りをしようとは
決めていたのですが、場所はナビ任せでしたので、まさかお宿の隣が地獄とは。

歩いてやってきたのは、なんと海地獄。ぜひ見ようと思っていた一つ。すごい「もく
もく」で、写真を撮るにも風を待つ状況です。
01



おおーー青いぞ。お宿はすぐそこなので、成分は同じなんでしょうね。でもお宿の
青の方が一段と鮮やかだったなー。
02



続いて行ったのは、特異な坊主地獄。まさに「ぶくぶく」と音を出しながら膨らん
では一瞬に消えます。
03







撮そうとしますが、なかなかタイミングが合わなく何度かでやっととらえる事がで
きました。ここは不思議でとても面白い。見ていても飽きがこないですねー。
04



最後は血の池地獄へ。その名の通りの赤ではなく明るい茶色です。底に堆積した酸
化鉄、酸化マグネシウムの泥がこの色なんですね。
05



赤い地獄から湯気が立ち上がり走って行きます。時折向きを変えてこちらに迫って
くる。
06






地獄巡りを終えるとお昼過ぎ、そろそろ食事です。昨夜あわてて調べて予約したお
店は別府でなく、国東半島にあります。杵築市を通り越してやって来たのは、大分
空港、12:30(1013k)。どうして大分空港かって、それは昨夜関サバを
予約したお店が空港内にあるからです。こちら、「鮨 海甲」さん。
07



事前に予約していたのは、関サバと関アジです。その他は大将に聞きながらお好み
で。

まずは国東のヒラメ。かぼすがつけてあるので、そのままいただきました。プリと
して、甘みもあり美味しいです。
08



穴子はタレと塩がありますが、タレで。ふわとろでした。
09



さて、待ちに待った予約ネタの登場です。右が関サバ、左が関アジです。サバは程
よい脂で美味しいかったです。旬ではない関アジ、これが意外にも旨いです。最後
に関サバを追加しました。海が荒れて、この大晦日に関サバを置いている店はそう
そうは無いとおっしゃっていました。
10



冬のヒラマサもさっぱりとしていいです。
11



サヨリ
12



タイラ貝、歯応えがあり、独特な苦みがありとても美味しかったです。
13



穴子を塩で、タレも美味しいが塩も素材の味が楽しめて美味しいです。
14



〆は、かっぱとかんぴょう。
15



とても美味しくいただきました。サバ棒鮨は4日前からの予約だそうです。


  1. 2011/01/03(月) 22:00:00|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<湯けむりを求めて08 「山口 萩温泉郷 ホテル ミレ・オ・マーレ」 | ホーム | 湯けむりを求めて06 「別府鉄輪温泉 山荘 神和苑の青の湯 その2」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search