今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2012/04/30
岡山県新見市新見 「手打ち蕎麦とフレンチのやな木」のディナー

このお店程予約が取れないお店はないと噂に聞いていました。現に一度予約しよう
としましたが、かなり先まで予約が入っていて諦めた事があります。我が家からは
かなり遠いので、機会もそれ程ありません。

今年の連休は、普段行けない所を中心に歩いてみようと決まり、早速予約を入れま
したが、後半の連休は昼も夜もすでに満席。しかし、前半のこの日ならOKと言う
事で、ディナーとなりました。

我が家から1時間50分、高速をひたすら走って到着したのは、岡山県新見市新見
の「手打ち蕎麦とフレンチのやな木」さん。お店の前の駐車場に入って、やっと念
願かなったなーと実感しました。
01



門をくぐってお庭を横切ると、お庭の一角にお料理をいただく和モダン風の建物が
姿を見せます。落ち着いた色合いで、違和感無く庭にとけ込んでいます。
02



お店の入り口からアプローチを進み、ドアを開けるまでにすでに期待感でいっぱい
になります。これから何が起こるのか、そんな感じでさえあります。

出迎えて下さったのは、コック姿のご主人と着物姿の奥様、お二人での営業の様で
す。そして、少し変形した間取りで、どの席からも大きな窓からお庭が拝見できる
様に工夫されています。2人用のテーブルが数卓あり、人数に合わせてセッティン
グされています。今日は2組。
03






ディナーメニューはこちらのみです。お聞きしたら月替わりで内容が変わるそうで
す。内容は、ご覧の通りで、アミューズ、前菜、スープ、魚、肉、蕎麦、デザート
の構成です。お値段は3800円。
(クリック拡大)
04



華やかなアミューズ盛り合わせ。
05



茗荷のアクセントとレモンの酸味の利いた甘味のある「たこと白かぶ」のマリネ、
レモンバターのアボガドのカナッペ、ローストされ香りの良い豚肉とグレープフルー
ツのサラダ、ほくほくしてサクッとしたじゃが芋とベーコンのキッシュ。何て言う
か、最初から想像以上ですでに満足感がいっぱい。
06



鮮やかな色彩と綺麗な盛りつけの前菜。
07



筍とミンチのテリーヌ、実山椒のジュレ、野菜ピクルス添え。山椒の香りいっぱい
のジュレをテリーヌにつけたいただきます。筍の食感と凝縮されたミンチのテリー
ヌの美味しい事、山椒の風味が利いたジュレはなんと和風出汁だそうです。ピクル
スはパプリカ、キュウリ、ウドでほんのり甘くて酸っぱいです。食感がカリカリし
ているのはウド。よこりんはピクルスに黒オリーブの香りがすると言うがひさごん
は全く分かりませんでした。緑の葉はサラダホウレンソウ。
08



クラシックが流れる店内、日が暮れかけ雨にしっとり濡れたお庭を見ながら静かに
ディナーが進んで行きます。

スープとパン。
09



春キャベツのスープ、バジルの香り、自家製赤ワインのパン、アリゴとともに。や
はりスープは鰹とベーコンの出汁で、バジルの香りが爽やかです。味はあっさりし
ていますが、ベーコンの脂でこってりとしています。レーズン入りでワインの香り
が強いパンの上に乗せてあるのがアリゴ。アリゴは南フランスの料理でジャガイモ
とニンニクと生クリームとチーズを練ったものだそうです。生ハムの塩分、レーズ
ンの甘さ、アリゴのコクが合わさって美味しいです。
10



ゆっくり時間が流れ、ここまでで、すでにこのお店が大好きになっていました。2
組だけですので、この空間とこの時間が自分たちだけの様な錯覚までして、遠くま
で来てよかったねーと。奥様の接客も優しくかつ的確に説明していただき、満足です。

白身魚とズッキーニのオリーブ風味、トマトとオレンジのソース。
11



今日のお魚は鱈で、下のソースは冷たいソースとなっていました。ズッキーニの上
には黒オリーブのスライス。鱈の焼けた匂い、トマトの微かな酸味、オレンジの甘
さ、ほろりとする白身、手の込んだ料理。熱い魚と冷たいソースのコラボを楽しみ
ます。フレッシュバジルも香りがいっぱいです。
12



食事の途中に気がついたのが、フルーツウォーター。早速お願いしました。何種類
かのフルーツエキスが入っているそうで、切り子グラスに入って出てきました。中
に入っているフルーツは凍っています。お肉料理の前に口直しで。
13



千屋牛のリソレ、枝豆のソース。
14



リソレは千屋牛の塊を前の日に粒胡椒でマリネし、次の日に火入れをし休ませを何
度も繰り返したものだそうです。見た目も美しい赤身。枝豆の焦げた香ばしい匂い
です。マリネの酸味が少し浸透し、胡椒がピリと利いて、肉の旨味がとても強いで
す。肉汁が封じ込められた感じで、しっとりしたお肉は大好きな赤身の旨さです。
ランプかなーなどと話しながら、さらに満足。
15



お聞きしたら、一頭から2つしか取れない、ここら辺りと牛の形をして教えて下さ
いました。と言う事は稀少部位ですが、イチボほど脂はなかったので、昨日もいた
だいたラムシンかもしれません。

お蕎麦はおろし(冷)、かけ(温)より選ぶ事ができます。よこりんはかけを、ひさ
ごんはおろしをお願いしました。

並蕎麦は一番外の黒い皮だけを除いた蕎麦で、打ち方は外二八。細くてしなやかな
蕎麦で、するすると入っていきます。大好きな辛み大根の風味でこれは美味しい。
16



すっきりしたおつゆ、添えられているのは原了郭の一味。あっと言う間に飲み干す
程。醤油風味はかなり抑えてあり、甘さは全くありません。お出汁がぴかいち。
17



2人でふぅ~と、一息いれているとお代わりなさいませんかと。かなりお腹もいっ
ぱいですが、せっかくなのでお願いしました。お代わりは半盛りになるそうです。

登場してびっくり、予想外の田舎蕎麦。食感はさらにしっかりとして、こちらの方
が好きです。みつばの香りも食が進みます。おなかいっぱのはずが、あれよと言う
間に完食。
18



おろしも田舎、ぎゅっと噛み切るそんな蕎麦。とても美味しいです。そしてそば湯
をいただきながら、至福の時。
19



2人でお蕎麦を4種楽しめるとは思いもしなかったです。もうなにも言う事はあり
ません状態。

デザートは、キャラメルクリームブリュレとアイス、エスプレッソソース。目が覚
めるようなエスプレッソの香り。アフォガードの様にかけるのではなく、プレート
に張られたエスプレッソの上に浮かべてある感じです。
20



お蕎麦とフレンチと言う組み合わせ、何の違和感もなく大満足のディナーでした。
月替わりのメニュー、近くなら毎月でもお伺いしたい程。必ずまたお伺いしますと
申し上げ、「手打ち蕎麦とフレンチのやな木」を後にしました。

帰路もずっと余韻が続く、それ程満足度の高いお店、大好きなお店がまたひとつ増
えました。
  1. 2012/04/30(月) 23:34:16|
  2. フランス料理|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<倉吉市鴨河内 うどんや「わたしの道楽」のぶっかけ | ホーム | 兵庫県美方郡新温泉町 春の夜の七釜温泉「ゆ~らく館」>>

コメント

見るからに美味しそうなお店ですね!
蕎麦とフレンチのコラボも珍しいー。

我が家もいつか必ず訪れようと心に決めました^^
情報ありがとうございます。
  1. 2012/05/10(木) 17:20:28 |
  2. URL |
  3. わにのゆめ #-
  4. [ 編集]

>わにのゆめさん

こちらのお店、お庭、お店、お料理、接客、お値段、全てにおいて満足できるお店でした。千屋牛、お蕎麦、美味しかったですよ。多くの方が絶賛される通り、素晴らしいと思いました。

ぜひいらしてみて下さい。お昼は蕎麦だけもなさっていらっしゃるようですが、ここはフレンチのフルコースで。ディナーがおすすめ。
  1. 2012/05/10(木) 23:03:50 |
  2. URL |
  3. ひさごん #TUPMmKso
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search