今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2012/05/19
米子市米原 鉄板料理「レストラン フクモト」でディナー

シェフのブログなど拝見して、いつか行ってみたいと思っていた米子のお店。日曜
はお休みなので土曜日しか機会はありません。ですのでなかなか実現しませんでし
たが、いつが初めと言う事もないので、午前中に予約を入れ夜お伺いする事にしま
した。予約時相談して、肉と魚を少しずついろいろいただきたいと言う事で一人
6500円のお任せにしました。

行きたいと思い始めて早1年、ついにその日がやって来たのは、米子市米原の鉄板
料理「レストラン フクモト」さん。どんな料理かわくわくしながらお店の写真を
撮りました。
01



お店の前には、メニューがずらりと並んで掲げてあります。ランチ、ステーキ、
フルコース、アラカルトなどなど。例えば、ランチメニューの一部
(クリック拡大)
02



例えば、ステーキとかフルコースとか。
(クリック拡大)
03






席はテーブル席がかなりあるようですが、なんと言っても鉄板の前の席が一番でし
ょう。予約の時に鉄板の前をお願いしました。鉄板の前は4席なので、予約必須だ
と思います。他のお客様の料理も目の前の鉄板でされるので、次々料理を見て楽し
めます。
04



まずは前菜盛り合わせ、涼しげな器に盛られています。ひとつひとつ丁寧に説明し
て下さいます。
05



グラスに入ったのは甘味のあるとろりとした新玉ねぎのクリームムース、そら豆
のせ。左下はシャキシャキした春キャベツのテリーヌ、生ハム添え、自家製ハーブ
マヨネーズでいただきました。右は表面が炙ってあるカサゴのカルパッチョ、ワサビ
ソース爽やかな味でした。上には隠岐島産の甘~い磯香の漂うウニ。これ程の前菜
とは思っていなかったのでとても嬉しいです。
06



目の前で料理をされているシェフが時々、食材や料理をもっと詳しく説明して下さ
います。聞けば答えて下さいますし、食べ歩きの我々はとても楽しいです。

今日のおすすめのボードもあります。このボードと目の前で料理される食材を見比
べては、あれもこれもいただいてみたいと。
07



自分たちの料理の構成を知りませんので、今料理されているのが、どこに行くかは
不明(笑。不明だけど鉄板の上で仕上げられてゆくのは実に飽きないです。この美
味しそうなのは、境港で養殖された銀鮭のソテーと焼きなす、みつ葉ソース。銀鮭
はわりとあっさりしているそうです。一年中いただけるとの事。
これは、どこかの席に運ばれて行きました。
08



「次はお客様のです」とシェフに声を掛けられました。よっぽど先程の料理を未練
がましく見送っていたのでしょう。いよいよ我々の料理が始まりました。自分たち
の料理だと分かって見た方が一段と盛り上がります。
09



鹿児島産、雌のサーロイン、軽く塩胡椒をして、さっと炙って山椒を利かせた甘辛
いソースでお寿司に仕上げられました。実山椒の香りが立ってきます。表面にも脂
がいっぱい、とても柔らかく、溶けるが如く消えて行きました。和牛寿司もこの様
に温かいと別の美味しさがありますね。
10



ニンジンとレモンの冷製スープ。レモンが利かせてありさっぱりとしています。下
には新たまねぎをさっとボイルして、えぐみを取り、マリネにして入れてあります。
上の粒はピンクペッパーと言うそうです。独特な香りがありました。
11



パンはお代わり自由です。
12



シェフが今日の魚料理の食材を説明して下さいます。今日は境港産トロハタと瀬戸
内産タイラギ貝のソテー。シシトウとカブもソテーされます。
13



ソースは優しいみつ葉のソース。アクセントにカラスミが散らしてあります。トロ
ハタは香ばしく、溶ける様な脂、美味しいです。カラスミの塩と滋味が合います。
タイラギ貝は食感がしっかりして、甘味もあります。付け合わせのカブがジューシー
です。みつばソースのお出汁は、魚のアラと昆布からとったそうです。このソース
がとても美味しく、もったいないのでスプーンで最後までいただきました。椀に入
っていれば料亭の椀物そのものです。写真はせっかく綺麗に盛られていたのを良く
見えるように崩してしまった所です。
14



口直しに、アルコールを飛ばした日本酒のシャーベット、上の果実はフローズンブ
ルーベリー。爽やかで口の中がさっぱりしました。
15



次はお肉、ヒレとロースの2種。ヒレはレアーで、ロースはミディアムレアーでお
願いしました。シェフの捌きを見ながら、お話を聞きながら、鉄板料理の醍醐味を
楽しみます。
16



お肉の薬味は、ワサビ、ホースラディッシュ、隠岐の藻塩、そして美保関のお醤油
が用意されました。
17



ヒレステーキ、頬ばれば脂の溶け具合が最高、ホースラディッシュが良く合います。
旨いです。旨味が多く、何も言う事はなし。
18



ステーキに添えられているのはハンガリー産ガチョウのフォアグラソテー、赤ワイ
ンソース。香ばしく、ふわっとして、ジューシーでした。
19



頃合いを見計らって、登場はロースのミディアムレアー。柔らかいお肉で、あっさ
りとしています。ワサビでいただきました。藻塩でも美味しかったです。
20



自家製バニラアイス、クリームチーズとリンゴのパイ、白ワインのゼリーの底には
ザクロ。
21



いやー鉄板前の席は飽きない。いろいろな料理を拝見し、シェフとお話もできて、
美味しい料理をいただける。格別でした。

食材もいろいろ変わる様ですし、お肉も違った部位などリクエストしてみたいです
し、またお伺いしたいと思います。
  1. 2012/05/19(土) 23:23:35|
  2. レストラン他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:6
<<倉吉市中河原 手打ち蕎麦「こばん」 | ホーム | 倉吉市上井 「NeLD coffee @Cafe Doa 楽」で蕎麦&カレー>>

コメント

ここも近いなぁ

徒歩圏ですし、このお店の近くのスーパーにもよく買い物に行くのですが、なぜか一度も足を運んでおらず。

気になるお店なのですがねぇ。

近くなので、いつでも行けるだろうと言う、よくないパターンです。
一度昼を少し過ぎた時に思い立ったのですが、すでにお昼の営業時間後でした。

今回のblog記事は写真も普段よりも多めですね。
食事も会話も撮影も楽しまれたことが伝わってきます。
  1. 2012/06/01(金) 01:13:41 |
  2. URL |
  3. 【uz】 #M/yirZcE
  4. [ 編集]

>【uz】さん

近いと、結構行かないものですよね。ご近所だと行った気がしないと言う心理も働くんでしょうね。
こちらは、前から気になっていました。お料理いろいろアレンジされ、お客様の要望にできるだけ応えようとしていらっしゃるのが好きです。いろいろ食材も変わるようですので、再訪が楽しみです。
今度は、お肉の部位を指定して、行ってみようかと思ったりしてます。
あまりしゃべらない方ですが、それでも気さくに声をかけていただけるのは、鉄板前の席ならではです。楽しい一時満喫いたしました。
【uz】さんもぜひ一度訪問してみてください。その時は鉄板前で。
  1. 2012/06/01(金) 18:57:13 |
  2. URL |
  3. ひさごん #TUPMmKso
  4. [ 編集]

御礼

 先日は御越し頂き、ありがとうございます。こちらのブログはある蒜山からのお客様に教えていただきました。綺麗な美味しさ伝わる写真のみならず、ながれるような文章に感激しました。本当にありがとうございます。お肉もその日によって赤身肉いちぼやランプなど入れております。またの御越しをお待ちしております。
  1. 2012/06/13(水) 20:34:08 |
  2. URL |
  3. フクモト #-
  4. [ 編集]

>フクモトさん

その節はありがとうございました。シェフがいろいろ話しかけて下さって、くつろいで鉄板調理楽しめました。

いろんな食材用意される様ですので再訪楽しみにしています。お肉も相談したいですね。ランプも好きなんですよ。
  1. 2012/06/14(木) 18:37:46 |
  2. URL |
  3. ひさごん #TUPMmKso
  4. [ 編集]

こんにちは

いつも楽しくブログを読ませてもらってます^^

フクモトさんの言われる「ある蒜山のお客様」は実はわたくしめです^^ なんだか嬉しくなってコメントしました。
こちらのブログでお店を知って行ってみたんです*

いつかひさごんさんにもお会いしてみたいな~と思いつつ、いつもお店の追っかけっこです(^q^)
またいろんなお店の情報を楽しみにしてますね~♪


あ、ちなみにフクモトさん!
私の友達のいとこがお店でパティシエをしていたらしいのです!いろいろ繋がるものですね(*^^*)
  1. 2012/06/14(木) 20:56:33 |
  2. URL |
  3. ぴく #-
  4. [ 編集]

>ぴくさん

はじめまして、いつも弊ブログをみていただきありがとうございます。
このブログの一番最初が蒜山のお店でした。僕は蒜山が大好きです。

食べ歩きの当ブログ記事を見て行かれたのは、当方も嬉しいですね。

フクモトさん、鉄板料理はなんと言ってもパフォーマンスを見ながら、いただくのが最高です。鉄板前の席が少ないので、予約が必要。本文にも書きましたが、食材が季節によっていろいろ変わるらしいので、再訪の楽しみがあります。

ぴくさん、機会があればいつかお会いできる日を。
  1. 2012/06/15(金) 06:37:21 |
  2. URL |
  3. ひさごん #TUPMmKso
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search