今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2013/03/24
兵庫県美方郡香美町香住 「入船食堂」

今日は泰雲寺しだれ桜と燻製工房が目的で但馬方面に向かいます。途中ランチとな
るわけで、但馬牛でもと思って立ち寄った焼肉屋さんは超満席で名前を書き待って
いましたが、気付いているにもかかわらず、いつまでたっても何のアナウンスもな
く痺れを切らせてさっさと退散。
次ぎに向かった道の駅で但馬牛と思うも、またしても長蛇の列。隣のタイ料理店の
お店はお昼はやっていないみたい。

流れ流れてたどり着いたのは、美方郡香美町香住、JR香住駅の前の小さな道に佇む
大衆食堂「入船食堂」さん。
01



ガラガラと戸を開けて入るとご主人がTV観戦中。まー誰もいらっしゃらなく、
のんびりしたものです。さてさて、と壁に掲げられたメニューを見る。何でもあり
です。
02



地元香住産の魚料理もあります。今日は白いかと白海老のようです。
03






そしてその脇にこのメニューがあるわけです。かにシリーズ(笑
04



ご主人にどれがおすすめかと聞きながら、でも魚もいいしなーとしばし悩んで決め
ました。

まずは白海老単品(750円)。白海老は幻と言われているそうです。見た目はモサ
エビにそっくりで、いただいてもねっとりとして甘くとろりとしてやっぱりそっくり
です。けどご主人は違うとおっしゃいます。後日調べるとシロエビ(クロザコエビ)、
ドロエビ(トゲクロザコエビ)、オニエビ(イバラモエビ)となっています。鳥取で
はクロザコエビをモサエビと呼んでいます。つまり僕の思った通りだったのです。
05



かにめし(750円)。ご飯の上にかにのほぐし身がのっているだけ、そのまんま
です。タレはすでに掛かっています。とれたて茹でたてと言う事ではなく、なんだ
か水分が飛んでぼそぼそした感じでした。
06



かに丼(750円)。かにあんかけのなっています。上と同じかに身でしょうが、
あんかけにする事でいくらか身がふんわりして、かにの味も出てきたような。こち
らの方が美味しかったです。
07



食事の後はお目当ての村岡にある燻製のお店を目指します。迷う事もなく、お店を
発見。しかしあ~~~オ・ヤ・ス・ミ。またのリベンジを誓って、まっしぐらに倉
吉へリターンでした。
  1. 2013/03/24(日) 22:21:01|
  2. 和食|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<倉吉市山根 イタリア食堂 「パドリーノ」でディナー 2013年春 | ホーム | 倉吉市 極楽寺のしだれ桜 2013年>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search