今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2013/04/07
岡山県真庭市落合 醍醐桜 2013

今年も桜の季節。僕たち夫婦にとって真庭市落合の「醍醐桜」に会いに行くのは、もう
使命感にも似たものがあります。どんな状態であろうが幹の周りを何周かして、その
時何を感じるのか。

今年は、朝早く4時30分に出発。勝山を過ぎて、月田を過ぎて、栗原線のあの離
合できない程の道も、バイパスが出来ていて、順調に進み、渋滞も無く、一気に山
の上までやってきました。到着5時50分。

空は曇ってうす暗く、明け切らぬ空を背景に桜のシルエットが浮かび上がってきま
した。
01



毎年同じ時に開花するミツマタの花。今年も桜と一緒に元気に花を咲かせていました。
02



桜の近くに人は少ないですが、少し離れた所には三脚カメラがずらりと並んでいま
す。朝日に映える一瞬を狙っていらっしゃる様ですが、今日は雲で残念。僕たちに
はそんな事は関係ないので、カメラの前をゆっくり回ります。どこかのご夫婦も僕
たちと同じ。
03






大きな幹、横に這う様な太い枝。この姿を見る度に溜め息がでてきます。
04



ゆっくり周りながら祠の近くまでやってきて、少し離れて見上げます。小雨の中、
風に揺らぐ桜、時折花がひらひらと散ってゆく。
05



そして、祠まで行き間近から幹の襞を目の前にして、老巨木の太さを前にして、やっ
ぱり溜め息。
06



さらに回って真後ろ辺り、この位置から見る桜はいつもシルエットで枝がくっきり
と見えます。今年は光の関係か、花もよく見えていました。
07



人もまばらで、空は曇り、どんよりして、どことなく寂しさを感じます。
08



さらにゆっくりともう一周します。小雨の中に佇む巨木はひっそりとして、清々し
さが漂っていました。畏怖の念、迫力、圧倒、神秘さ、包容力、妖艶。そんな感じ
よりおばあちゃんの愛らしさを感じました。

感じ方は毎年違います。その時の桜の姿と今の自分を知らず知らず照らし合わせて
いるのでしょうか。
09



少しずつ人も増えてきました。今年もさよならです。
10



いつもと同じ様に振り返って、「また来年」と。
11



過去記事 2012/04/15
過去記事 2011/04/17
過去記事 2010/04/04
過去記事 2009/04/11
過去記事 2008/04/12
過去記事 2007/04/02
過去記事 2006/04/16
過去記事 2005/04/10
  1. 2013/04/07(日) 22:32:39|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<鳥取市浜坂東 「ふらんす食堂 ボナペティ」のランチ再訪 | ホーム | 倉吉市上井 「懐食 鈴乃希(すずのき)」 2013年4月>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search