今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2013/08/11
島根県安来市古川町 「どじょう亭」のどじょう鍋

今日は島根の実家にちょっと寄って、その後は久しぶりに温泉でもと計画。ランチ
には広瀬の蕎麦でも食べようと向かいましたが、広瀬の町の一歩手前で「どじょう」
の案内があり、よこりんに「どう?」と聞いたら、「食べた~い」と。
予定変更してやって来たのは、足立美術館の横にある安来節演芸館に併設されている
「どじょう亭」さん。
01



僕はどじょうを食べた事は一度もありません。小さい時はよくどじょうを獲って、
うなぎ釣りの仕掛けの餌にはしていましたが食べる習慣は無く、またお店でもいた
だいた事はありません。
よこりんは、以前食べたどじょうがとろりとして、ちゅるんとほぐれ、とっても美
味しかった様です。

こちらが、おしながき。どじょうすくい御膳とまるごと柳川御膳とがありますが、
鍋の出汁が違うだけだそうです。
(クリック拡大)
02



それぞれお願いしました。どちらも1250円。目の前で火を着けていただき、
湯気が出てから溶き卵投入し、フタをして30秒で玉子が固まればOK。
写真は、点火直後。撮影のためフタを開いてます。
03






溶き卵を入れた直後。上は、三つ葉と牛蒡で醤油出汁となっています。下は、ニラ
と牛蒡で味噌出汁です。
04



30秒後のまるごと柳川御膳。みりんの甘い出汁に薄口醤油となっています。よこ
りんは、もっとゼラチン質のどじょうを想像していた様ですが、あっさりとしてま
す。臭みも全く無し。お酒で炊かれているのかな~。
05



こちらは、食べ進めている、どじょうすくい御膳。生姜の利いた味噌出汁で、ここ
に粉山椒をかけていただきます。僕はもっと大きなどじょうかと思っていましたが、
小さなどじょうが沢山入っています。骨も頭も全て柔らかくなっている。事前に炊
かれている感じです。どじょう自体は、まるで出汁用の小魚みたいに濃い味がしま
したが、はたしてこれがどじょう本来の味なのかはわかりません。
06



ランチの後、すぐ近くの実家へ。従姉が作ったピザ窯を見ながら、ぜひピザの会を
しようと。しかし良く出来ていました。仕事がら耐火煉瓦は身近にあるので、それ
を積み上げて2時間で作ったそうです。

余りの暑さに午後から予定していた温泉は中止となりました。
  1. 2013/08/11(日) 22:59:57|
  2. 和食|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<三朝温泉 「後楽 旬処 海ほたる」の限定ランチ再訪 | ホーム | 岡山県真庭市蒜山湯船 手打ち蕎麦「悠庵」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search