今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2013/10/07
自作料理 紅ズワイ丼、薬味のっけ丼、燻製豚丼、激辛豚燻製炒飯、蒜山おこわ風炊き込み

9月25日
料理のレパートリーは毎日新しいものに挑戦するわけでもないので急速に増える事
はないです。気分が乗った時に新しいものを取り入れて夕食。

この日のメニュー
1.紅ズワイ丼。
2.鶏もも肉悪魔風、ヒッコリー燻煙風味。
3.小ぶりな赤カレイの煮付け。今回包丁目を入れてみました。カレイの煮付けは
出来たてより時間を置いた方が馴染んで美味しいと思います。なので食事の2時間
前ぐらいに作り置きします。
4.玉ねぎと油揚げのおみそ汁。柚の一片が良い香り。
料理の配置にも気を使わないとね。おみそ汁逆かな。
01



紅ズワイのボイルしたむき身が店頭にあったので、丼にしてみました。ズワイ以外
にシラス、たっぷりの大葉と茗荷、カイワレも少し。タレは麺つゆ、白だし、米酢、
醤油、砂糖を少しの水で薄めて作りました。
紅ズワイ丼と言うより大葉と茗荷の香りが突出した香り丼となりました。よこりん
はタレは使わず茗荷の甘酢漬けの酢で酢飯にしていましたが、これはこれで美味し
いです。
02



フライパンでしっかり焼いた後、ヒッコリーで燻煙してみました。かなり黒胡椒が
利いていて、スモークさも良い感じ。焼きがもう少しパリッとすればいいけど、
どうしたら良いのか不明。サラダはレタス、セロリ、トマト。
03







9月26日
島根の実家では春にわらび、ぜんまいを大きな瓶に塩漬けし、一年中いただきます。
倉吉に来て初めて、乾したわらびを見てびっくりした記憶があります。
そのわらびとぜんまいの塩漬けをもらったので、調理方法を聞いて向かいました。
04



水からわらび、ぜんまいと十円硬貨10枚を入れて、沸騰したら2分。急冷し、
水につけて一晩置き塩出しする。漬け汁は昆布と鰹から出汁をとって、醤油を加え
たシンプルなもの。一晩漬ければ故郷の味が完成です。
05






9月27日
のっけ丼がマイブームでこの日のまかないは薬味のっけ丼。
三朝産新米にシラスをのせ、煎りゴマをふって、大葉、みょうが、青ねぎ、カイワレ
を覆い尽くす程のっける。
米酢、醤油(森田醤油のむらげの醤)、麺つゆ、砂糖少々のタレをさっと回しかけて、
それぞれの薬味部分を別々に少々味わった後は、全部混ぜ混ぜでかき込む。旨い。
06



BBQ会に向けて燻製仕込み。豚バラ、豚もも、鶏ささみを乾しています。この後
燻煙し、一晩風にさらします。
07



同じくBBQ会用にチーズを用意。蒜山ラッテバンビーノチーズ工房の5種。買い
に行ったら、奥様が覚えていて下さりいろいろお話。試食もいっぱいして、帰って
気付いたらお気に入りを買い忘れると言う失態(笑
PDS(ポル・デ・サリュ)、マーブルチェダー、スティルトン、グラナチーズ、
シャウルスタイプ。買い忘れたのはシュロンプシャーブルー。
08






9月30日
この日のお昼のまかないは、燻製豚丼。またまたのっけ丼です。定番の大葉、
青ネギ、カイワレをたっぷりご飯に覆い被せます。
09



その上に自家製豚燻製スライスをのせ、残り物の赤ピーマンと黒オリーブのみじん
切りを少々ふりかけ、タレを振り回して完成。
豚燻製は2種。豚バラベーコン燻製と豚もも燻製。スライスした後、フライパンで
熱を通して、その後表面を炙っています。タレは豚もも燻製の細切れを煮詰めて作
りました。
10






10月3日
お昼のまかないは、激辛豚燻製炒飯、ナンプラー風味。
夏にナンプラーに漬け込んだ青とうがらしのみじん切り、豚燻製2種細切れを余り
野菜と炒めて、最後に漬け込みのナンプラーをふりかけた一品。ナンプラーの匂い
と旨味で簡単美味しいです。ちょっと油少なかったかな。
11



夕食のメニュー
1.蒜山おこわ風炊き込みご飯、大葉のせ。
2.里芋と白いかの煮物。
3.なめたけと白菜の湯豆腐、薬味は柚。出汁は鰹できちんと取りました。
4.なすのオリーブオイル蒸し焼き、麺つゆをさっとふって。
5.里芋、玉ねぎ、油あげのおみそ汁。
12



旬の銀杏、旬の柴栗、にんじん、ごぼう、しめじ、実家のわらびとぜんまい、自家
製干し椎茸、鶏もも肉を一度煮込んで具とします。
出汁は鰹ふりだしで取りました。炊きあがった具と一緒に炊き込むか、炊きあがっ
てから混ぜ込むかの2種ある様ですが、今回は一緒に炊き込みました。おこわ風な
のでもち米です。
15穀米も入れたのと薄口醤油がなかったので色が黒くなってます。
相変わらず栗と格闘し、両手の親指の爪がかなり痛い。渋皮なんとかならんかな~。
13



魚は捌けないけど、白いかならやっと捌けます。里芋と白いかを酒、みりん、三温
糖、醤油、そして境港のまぐろ魚醤を入れて煮ものにしました。魚醤風味でこれは
美味しいです。
14






10月4日
秋鮭の半頭5切れ200円、つい飛びついて購入。
15



買ったはいいがどうしようかと思案して、メニュー決定。
1.圧力釜で炊いて、大量の大根おろしとナメコ。
2.シメジと共にトマトジュース、オレガノで煮込み。
3.ブリかま風黒胡椒オーブン焼き、すだちで。
4.白いか炒め、二十日大根、パプリカ、春菊バーニャカウダ風。
16



塩がかなりある事を知らずに塩抜きせず料理、3つとも塩がきつかった。大失敗。
17



バーニャカウダ風が一番美味しかった。二十日大根、パプリカ、春菊はさっと湯
通しして直ぐに冷水に漬けてます。ソースはにんにく、アンチョビ、マヨネーズです。
18




自作料理一覧


  1. 2013/10/07(月) 23:34:10|
  2. 自作料理|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<倉吉市昭和町 「Big Time」のポークカツランチ | ホーム | 三朝温泉 フレンチと温泉 「みささガーデンホテル」で夕食、温泉>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search