今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2013/11/19
倉吉市関金町 手作りウィンナー再び 「関金町食肉加工センター」

いつものなおぴょんのお母さんグループと再び手作りウィンナーに行ってきました。
場所は倉吉市関金町の「関金町食肉加工センター」、せきがねハムと言った方がよく
わかるかもしれません。
01



今日は5人、僕は2回目ですが、他の方はもう常連です。準備ができるまであんな
話やこんな話しで盛り上がっていました。

「準備ができました~」の声で、用意された長靴に履き替え、消毒し、体験場へ。
02



全て前回と同じなので戸惑う事もありません。大きなミキシング釜に今日の材料の
ポークミンチが用意されています。すでに味付けなどは終えてあり、これを腸詰め
し、所定の長さで結ぶのが体験できるのです。

この塊で22kg。体験は人数には関係なく1回22~25kgで申し込む様です。
僕は5kgで参加です。
03






担当の方も前回と同じです。腸に詰める作業は担当の方がして下さいます。僕は前
回お願いして腸詰めも体験させてもらいました。
押し出し口に羊の腸をセットし、右手でハンドルを回すとミンチがぐにょっと出て
くるので、左手で一定の早さで引っ張ってあげると、長~いウィンナーができるわ
けです。
04



次ぎに体験の作業の説明。所定の長さで両端をつまみ、両手の親指と人差し指で
くるくる回して出来上がり。そして、乾燥用の金属パイプに吊します。
05



全員真剣に説明を聞いて・・・・・では無くわいわい、ああだこうだと。皆な慣れ
ているので余裕です。
06



作業台に長いウィンナーを乗せ、それぞれのペースで進めてます。作業しながら、
おしゃべりは全く止まりません。(笑
07



これが僕が結び始めたウィンナー。かなり長い方でした。僕が一本結んでいる間に
お母さん達は2本。早いわ!
08



短いのが終わったら、長いタイプにかかります。長いのは両端をつまんで、縄跳び
の要領でぐるぐると回して結びます。そして一本づつ掛けます。
09



出来上がりをどんどん並べますが、当然誰が作ったのかはわからなくなります。
10



長いのは乾燥、蒸しだけ、短いのは乾燥、燻煙、蒸しがあります。
11



終わったら、丁度焼き芋も出来上がって、用意されているコーヒーなどでまたまた
世間話や料理の話しなど。
12



乾燥などの工程にはかなり時間がかかるので、湯命館に移動して、ランチしたり温
泉入ったりしながら出来上がりを待ちます。出来上がったら配達してもらいます。
僕は日替わり(750円)、お母さんはレディース(1000円)、火曜日は
レディースがお安くなるのです
13



僕は全部で5kg。左は短いもので燻煙されてます。右は長いもので燻煙なしです。
当然出来上がりをそのまま食べてみます。ぱきっとお約束の音がしてジューシーな
ウィンナーになっています。
14



担当の方のおすすめは、ボイルではなく、「チン」。ボイルは旨味が逃げてしまう
そうです。
15



保存はチルドで10日間、長期は即冷凍だそうです。

過去記事 2013/06/19
  1. 2013/11/19(火) 22:22:44|
  2. テークアウト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<東伯郡北栄町国坂 「とろろ屋 ねばりっ娘」の道の駅登録20周年ランチ | ホーム | 倉吉市上井 福州風味 「勝隆店」で甘酢料理3種>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search