今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2013/11/23
皆生温泉 「松涛園」の日帰り入浴 2013

今日は朝早くから、温泉に向かいます。雑誌の半額券を利用して2湯入浴の計画。
問い合わせすると今日は11時以降においで下さいとの事で少々時間調整してやっ
てきました。皆生温泉の「松涛園」さん。
01



雑誌の企画で通常1000円が半額の500円です。こちらは、大浴場と露天が
別々の所にありますと説明を受け、早速屋上の露天へ向かいます。

先客がいらっしゃり、写真は断念して脱衣していると、先客のお二人が上がって来
られ、僕が雑誌を持っていたので声をかけて下さいました。
松江からいらっしゃった親子(父、息子)で、お話をするとこれはびっくり、僕も
かなり温泉好きなのですが、お二人には到底かないませんでした。今まで訪れた数
は1180カ所以上、一番多かったのは北海道で140カ所。宮崎の温泉は良かっ
たですとか挙げ句には台湾の温泉まで行ったとか。話は尽きませんがお別れして、
屋上露天へ。
02



3mx4m程の湯船で、立つと膝下程の深さです。ビルの高さ辺りが日本海の水平
線で、湯船の一番前まで行ってみると建物の間から波打ち際が垣間見えます。
03






湯船の底はタイル張り、側面は木造です。一カ所から源泉が注がれていますが、
これが熱いのなんのって。火傷しそうな程です。口に含まずとも指を舐めるとかな
りの塩分。皆生特有の強塩泉です。
04



なんと言う晴れた日、真っ青です。日射しはきついが湯船は建物で陰になっている
ので、とても気持ちがいいです。
05



露天を楽しんだ後は、1Fの大浴場に向かいます。先客は先程のお二人、今度は体洗
いながら話の続きを。行った所は写真撮ったりしているし、ブログとかしようかなー
などとおっしゃって、またお父さんは本にしたいなーともおっしゃっていました。

こちらは立って膝上あたりでしたので、露天より少々深いです。天井は珍しく板張
り、古い旅館の面影がありました。
06



一方は中庭に面して窓となっていましたが、逆からの日光が反射して鏡状態でお庭
はほとんど見えなかったです。
07



味も素っ気もない配管から源泉が掛け流されています。こんな感じの方が好きです。
源泉はやはり熱すぎです。浸かっていたら温度管理にいらっしゃったので、お聞き
したら浴槽内は42°でした。
08



露天の女湯からは大山がそれは綺麗に見えたそうです。またしても日帰り入浴は女
性優先の様でした。

宮崎の足下湧出の温泉、何ておっしゃったか忘れてしまったです。
  1. 2013/11/23(土) 22:12:21|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<米子市新開 「ユリイカ」のスリランカ風カレー | ホーム | 東伯郡北栄町国坂 「とろろ屋 ねばりっ娘」の道の駅登録20周年ランチ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search