今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2013/12/08
ガイナーレ鳥取応援 カマタマーレ讃岐 入れ替えホーム(2nd)戦 2013冬

昨日の冷たい雨も止み、曇りながら、ついにこの日がやってきました。泣いても笑っ
てもこの一戦にかかっている事は周知の事実。先週のアウェイ戦以上の声援で悔い
のない応援しなきゃと朝早くから向かいました。

並んで場所確保と思い行ってみると、会員優先でそこには、最終的に300人ぐら
いの長蛇の列。一般の列のほぼ先頭に位置するも、中央辺りの場所確保は望みよう
もない状況でした。

入場まで1時間もあるので、早速スタジアムグルメへ。流石にまだ人は少ないです。
いつもの様にずらっと見て歩く、肉巻きはもういいだろう。(笑
01



晴れているとは言え風は冷たい、温かいものをチョイス。たこやき、串焼きベーコン、
そして熱々のおでん。やはり温かいものが一番です。
02



時間が近づいたので列に復帰して待ちます。案の定、思う場所は確保できませんで
したが、それでも中央から少し離れた後ろの通路。フラッグの人はたいてい一番後
ろの通路に陣取っています。僕は手すりに掴まれるので一番後ろが好きです。

用意をしていると、メイン裏から声が聞こえてきます。そうだ選手入り待ちなんだ
と急いで向かいます。すでに数え切れないサポーターでごった返し、チャントで選
手のバスを向かえました。当然選手の姿など見えるはずもなく、後ろの方で精一杯
声出しをしてこれから始まる決戦に気合いを入れました。
03






時間はまだまだあるので、再びスタジアムグルメへ。先程とはうって変わって、凄
い人の波でごった返してます。圧倒的にグリーンのユニが多いけど、水色のユニも
ちらほら。頭が釜玉の方もいらっしゃいました。
04



キックオフまではまだ1時間半もあります。ホットやチュロス、ガイナーレシューク
リームで待ちます。アウェイ戦に続き知人の息子さんも遠くから参戦。
05



周りでは持参したフラッグやゲーフラの準備が着々と進められています。知人も初
代フラッグを急遽「ありがとう」ゲーフラに夜遅くまでかかって改造して参戦です。
06



ゴール裏もどんどん人が増え、通路も埋まってきました。そうしてキックオフ45
分前、選手の紹介に大旗が振り上げられ、チャントが始まりました。
07



「鳥男」の声が大きく響く中、決戦のスタートです。見渡せば急遽作られたゲーフラ
やフラッグが沢山はためいています。知人も2代目「飛翔」フラッグを思い切り振っ
て応援です。
08



始まって少しすると、何だか攻めていない感じ。あのアウェイ後半戦の勢いとは違う
な~。そして、カマタマーレの33番の明らかに違うスピードと気迫に不安が芽生え
て来る。

そうこうする内に目の前でPK。ほとんど観念しながらも今出さなきゃ何時出すんだ
と声を一段とふり絞る。その時のサポーターの声援はスタジアムを震わせる程ではな
かったかと思います。
33番が躊躇してタイミングを失い、気迫の無いシュートをブロック。瞬間スタジア
ムは喜びの歓声で包まれ、友人とハイタッチ。

歓喜冷めやらぬ数分後、目の前にカマタマーレのボールが飛び込んでしまいました。
嫌な雰囲気が漂うけど声出すしかありません。必死に声を出しフラッグを振るも前
半戦を0-1で終わる。

重い雰囲気の中、後半戦が始まりました。ゴール裏は最上段通路まで人人人で溢れ
大声援。
09



何度か目の前のゴールを揺さぶらしそうな場面もありましたが、固い守りに阻まれ
て得点できない。時間も迫って来て、ガイナーレのメンバーの焦りが伝わってきま
す。僕も同じ様に時計を気にしながら焦って来ます。誰も同じ気持ちでしょうが、
跳ね返す様に大声で叫び続けました。

むなしく響くホイッスル、カマタマーレの喜びを正面に見ながら、身動き出来ず口
を閉ざすサポーター、ほとんど沈黙の中、知人のすすり泣く声が聞こえて来ました。

長い時間スタジアムのガイナサポーターが凍り付いた。カマタマーレの喜びを苦々
しく思えない、あんなに喜びたっかたな~としか。
徐々に悔しさがこみ上げて来て涙が出そうになるが必死でこらえるしかなかった。

長い長いカマタマーレの歓喜の後、社長の挨拶。ブーイングや罵声は出たものの、
何かしら諦めに似た感じでした。

ついに本当に「降格したんだ」と自分に言い聞かせるも、やるせない気持ちでいっ
ぱいでした。

引退や退団の挨拶が始まりました。ゴール裏前で退団する2人の涙の挨拶にまたも
や涙が溢れそう。3人の選手へのコールは喉が詰まって声を出すのもままならない。
10



知人に誘われ初めてガイナーレの応援に行ったのが10月6日の京都サンガF.C.戦。
ゴール裏がなんなのか全く知らない僕でしたが、熱狂的なサポーターを肌に感じ、
のめり込んで行きました。チャントや手の仕草など必死に覚え、にわかではありま
すが怒濤の様な2か月間が過ぎました。長い人生でこんなに我を忘れて声を上げ熱
狂した事はありませんでした。ガイナーレは惜しくも降格しましたが、個人として
は応援しきった満足感もあります。あらためて知人に感謝します。

ガイナーレ鳥取応援一覧
  1. 2013/12/08(日) 23:23:50|
  2. ガイナーレ鳥取|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<米子市尾高 「シャトーおだか 農園レストラン」のバイキング再訪 | ホーム | 八頭郡八頭町 「大江ノ郷 ココガーデン」のパンケーキ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search