今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2013/12/13
自作料理 鶏もも唐揚げ、野菜スティック、チキンビリヤニ、松葉ガニ・親ガニ三昧

料理は楽しいものですが、ブログ記事にしようと決めると一層力が入ります。肩か
ら力が抜けて、無邪気に料理が作れる時がいつか来ると信じてます。(笑

11月29日
娘夫婦のリクエスト、「親がにみそ汁、ねばりっこ、肉類」に応えて、前の日から
メニューを考えて当日午後から仕込み開始。1種類以外は今までに作ったもの。

この日のメニュー。
1.鶏もも唐揚げ、椎茸とエビステーキ、長いも豚バラ巻。
2.ねばりっこの酢の物。
3.揚げ出し豆腐。
4.野菜スティックのバーニャカウダ風。
5.親がにのみそ汁。
01



唐揚げは、片栗粉と米粉のブレンドで揚げたらカリッと揚がりました。かなり好評。
椎茸とエビステーキは、エビとみじん切り玉ねぎを椎茸傘内に盛り、バターで焼き
上げました。バター風味で香ばしです。
長いも豚バラ巻は、今回初めて。長いもを細長いスティック状に切り、豚バラを巻
き付けてフライパンで焼き、最後に醤油を絡めましたが、醤油が多すぎて焦げがし
ょっぱくなってしまった。残念。
02



にんじん2種、スナップえんどう、蕪をそれぞれ湯通し、ディップは、にんにくみ
じん切りをオリーブオイルでゆっくり炒め、アンチョビを加えて一煮立ち。冷めて
から、マヨネーズ、マスタードを加えて混ぜ合わせました。とっても美味しいです。
おすすめかな。
03








12月5日
先日入手した辛み大根を使って2品。そしてカレー風味を2品。

この日のメニュー。
1.チキンビリヤニ。
2.カレーコロッケ。
3.辛み大根となめこのおろし和え、大葉風味。
4.サーモンソテー、辛み大根和風ソース、小松菜添え。
5.にんじん、玉ねぎ、小松菜、豚バラのコンソメスープ。
04



初めて作ったチキンビリヤニは鶏ももを使ったカレー風味のジャスミン米炊き込み
ご飯。フライパンで炊き込みました。
05



粒胡椒、クミンシード、ターメリックでスパイシーさが出てます。色はサフラン。
少しゴツゴツしていたので、もう少し水多めで炊いた方がいいかも。
06



大好きなジャガイモコロッケ、手で潰すので塊も沢山残ってます。合い挽きと玉ね
ぎ、カレー粉、塩、胡椒のみ。作りながら揚げたてを何個つまみ食いしたか。
07



辛み大根2品。和風ソースはみりんと酒がきつくていまいち。単に辛み大根とおか
か、醤油で十分かな。せっかくの辛み大根がだいなしでした。
08






12月6日
お昼は、昨夜の残りを焼飯風にしてみました。作り置きの青とうがらし、にんにく
オイルで豚バラ少々炒め、残りのチキンビリヤニを炒め、最後にナンプラーを振り
回して完了。美味しい~。ナンプラーはすごいね。
09






12月12日
utsuroさんから朝早くFBで連絡が入り、「ワケモン」をいただけると言う事で早
速網代まで引き取りに行ってきました。ワケモンとは、水揚げなどのお手伝いをし
て分けていただけるもの。
こんなに沢山、松葉ガニ6枚、親ガニ6枚もいただき、さてどういただこうかと悩
んでしまいました。朝揚がったばかりで元気よく足を動かしてました。
10



悩んだ末に決めたメニューは、定番中の定番を全てやってみる事に。松葉ガニ、親
ガニ入り乱れてのかに三昧となりました。
1.松葉ガニ、カニ刺し。
2.親ガニ丼。
3.親ガニ、かに大根。
4.親ガニ甲羅盛り。
5.茹で松葉ガニ。
6.焼き松葉ガニ。
7.松葉ガニ、かにみそ。
8.松葉ガニ、かに鍋。
9.〆のかに雑炊。

仕込みもかなり気合いを入れて向かいました。これは調理の途中。刺身用や鍋用に
捌いたり、丼にするために生の内子をせっせと取り出したり、松葉ガニ・親ガニみ
そを甲羅に集めたりと。大変なのは親ガニの身を取り出す作業、根気勝負でした。
11



そうして数時間後やっと出来上がったのです。まずはこれだけ。
12



松葉ガニ、カニ刺し。わさび醤油で、ぷるんとして甘いです。旨~。
13



こちらが親ガニ丼の具材、生の内子、外子の醤油煮、足身と腹身、大葉。生の内子
は、FBで教えていただいた方法。酒で洗った後、ほんの少し白だしを混ぜ、4時
間漬け込みました。酒は自然に残っているので酒の甘さと香りも混ざり、とろりと
して旨い。まるでうにの様。外子は、外子だけを塊のまま外し、風味付けにまぐろ
魚醤を少し入れ、10分煮込み、その後筋から丁寧にほぐしました。
14



この具材を親ガニ丼に。なんて美味しいのだろう。まさに絶品です。
15



親ガニ、かに大根。親ガニの殻を30分煮出し、漉した後削りかつおと親ガニの足
腹身を入れとろみをつけました。
16



親ガニ甲羅盛り。生の段階で丁寧に味噌を甲羅に取りだし、フライパンに並べ、水
を少し入れ、蓋をして10分蒸します。その後、足腹身を混ぜて出来上がり、とて
も美味しかったです。
17



茹で松葉ガニ。定番だけどやっぱり美味しいです。活きていたので、とってもジュー
シー。もったいないので、明日にも残しておく。
18



休む暇もなく次の料理に移ります。出来たてでないと美味しくないので、出来上が
りいただきます。

焼き松葉ガニ。腹身は焼き後バーナーで少々炙りました。足は水分が少なくなって
いたので焼き過ぎた様でした。甘くて、香ばしくて、美味しいかったです。たぶん
焼き具合だと思いますが足より腹の方がジューシーでした。
19



続いて焼きたて松葉ガニ、かにみそ。塩と酒を混ぜ、網の上でふつふつ煮立つまで。
みその匂いが漂って来ます。ねとっとして濃厚です。少し焦げた所がまた旨いです。
酒は飲みませんが、堪らんね~。
20



かに三昧も佳境に突入し松葉ガニ、かに鍋。出しは昆布とかつおで取りました。
白菜、しいたけ、大根。大根の味が出過ぎて、大根味になってしまった。白菜だけ
の方がいいかも。カニは煮たってから投入、5分で火を落としました。すごくジュー
シーで甘味もありとっても美味しかったです。
21



〆のかに雑炊。三つ葉の香り、海苔の香り、かに味の出し旨い!
22



どれも美味しかったですが、特に親ガニ丼が絶品でした。

かに三昧、堪能しました。




12月13日
昨夜はカニを堪能しましたが、いただいた活きガニがまだ残っています。今夜は違っ
た調理方法で楽しみたいと計画。あれこれ迷いメニューを決定。2品は創作しました。

1.親ガニ、パエリア。
2.松葉ガニ、生春巻き。
3.松葉ガニ、茶碗蒸し。
4.贅沢かに和え。
5.親ガニ、オニオンスープ。
23



親ガニを白ワインで蒸し煮し、その汁で炊き込みました。具材は玉ねぎ、パプリカ、
ピーマン、しめじ、色付けはサフラン。炊きあがってから、カニの身、別茹でのアサ
リを投入。思った程カニの風味はしなかったけど、焦げた部分はしっかりカニ風味で
美味しかった。もっと焦がした方がいいかも。
24



松葉ガニ、生春巻き。創作って言っても、エビをカニにしただけ。茹でた足・腹身、
大根、きゅうり、にんじん、サニーレタス。タレは柚を絞ったお醤油。さっぱりと
して美味しいです。贅沢な生春巻きになりました。
25



松葉ガニ、茶碗蒸し。松葉ガニの足・腹身と親ガニの外子、春菊、にんじん。沈ん
でしまって見た目がもうひとつ。具が沈まない工夫がいりますね。
26



贅沢かに和え。松葉ガニのみそに足身を混ぜ、酒に漬けた親ガニの生の内子をあし
らったもの。これは絶品としか言いようが無いです。濃厚で、滋味深い。新鮮なカニ
ならではの一品。
27



親ガニ、オニオンスープ。これも思いつきでの創作。親ガニの殻をじっくり煮込ん
で出汁を取ります。玉ねぎはバターで炒め、出汁を加え、煮込みます。玉ねぎが溶
けそうになったら、親ガニの身を入れさらに煮込みます。最後に生の松葉の足を投
入、足身が綺麗に花咲きました。甘くて、コクがありとても美味しかったです。
28



網代港の活きた松葉ガニ、親ガニ堪能しました。utsuroさんありがとう。


自作料理一覧


  1. 2013/12/13(金) 23:49:46|
  2. 自作料理|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<三朝温泉 「後楽 旬処 海ほたる」でランチと温泉入浴 | ホーム | 米子市尾高 「シャトーおだか 農園レストラン」のバイキング再訪>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search