今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2014/02/19
東郷温泉 共同湯「寿湯」と足湯

今日は雪こそ降っていませんが、どんよりとして風が冷たい。こんな日は温泉が一
番ですね。

昼食を終えて、そそくさとやって来たのは東郷温泉。歓迎のアーチの向こうがJR松
崎駅です。今日のお目当ては、駅前を左に曲がった先にあります。
01



清水理容店さんが経営・管理なさっているのが、共同湯「寿湯」さん。なので、理
容店で入浴料200円をお渡しします。駐車場を聞くと、道路向かいに2台分あり
ました。
左の電柱の横に寿湯への案内があります。そして寿湯通路と書かれた狭い通路を
くぐり抜けると共同湯が見えてきます。
02



本当に狭く巾50cmぐらいです。温泉マニアの間では有名な通路(笑
ちょっと暗く、初めての時は本当にあるだろうかと不安になります。
03






くぐった先にトタン張りの建物が見えて来ます。一見ではとても温泉とは思えない
佇まい。手前が女湯、向こうが男湯。
04



引き戸を開けて入ると番台。当然ながら今の時間誰もいらっしゃいません。番台の
後ろの柱に呼び出しボタンがあるので、押せば理容店からいらっしゃいますが、面
倒なので先に理容店で支払いします。
05



今日はまだ誰もいらっしゃらないようです。昔は下足箱だったと思われる棚は常連
さんの風呂道具置き場になってます。さすが共同湯。
脱衣所はわりと広いです。古びた建物ですが見事に清掃され髪の毛一本たりとも落
ちていない。
06



浴室への戸の上には、温泉許可証が掲げてありますが、これが古い。右が昭和4年、
左が昭和9年、そして下の小さなのがなんと明治21年の寿温泉営業許可書。
源泉名は東郷温泉・混合泉、泉質は含弱放射能泉・ナトリウム・塩化物硫酸塩泉、
泉温は70.5°C。
07



脱衣しながらも浴室へのガラス戸の向こうに青い湯船がうっすらと見えています。
この瞬間のどきどき感は堪りません。特に初めての湯ならなおさらですね。今回は
2回目ですが、かなり時間が開いているので、早くと焦ります。写真も撮らなきゃ。
08



浴室右に青いタイルの湯船。風呂椅子は3つ、カランは一カ所で水と温泉湯の蛇口
があるのみ。たぶん湯船から汲み湯して体を洗う人が多いでしょうね。
09



最初の一桶を汲んで体にかけると、「熱~」。ゆっくりと掛け湯をして体を慣らし
て、おもむろに足先から入ります。
10



静かに沈むと、途端に湯船から湯が溢れ出し、側面の通し溝を勢いよく流れて行き
ます。なんとも贅沢な一時。
11



無色透明な湯はきらきら輝いています。1.5x1.5mの四角い湯船、深さはへそ下ぐら
いなのでかなり深いですが、湯船の内2方は腰掛けれる様になっているので、ゆっ
くりと浸かれます。
12



析出物で白くなっている蛇口からはばしゃばしゃと湯が注がれ、縁の低い辺りから
こぼれ落ちて行きます。口に含んでみると微かに塩味、香りは川の水の匂い。
13



中腰で肩まで浸かっていると体に膜が張った様になり痺れてきます。湯温計を持参
してませんでしたが、体感で45°Cぐらいです。30分程中腰、腰掛けを繰り返し
ていたら、汗がだらだら、若干息苦しくなってきました。湯船から上がって、風呂
椅子に腰掛けていると、少しだけ開けられている窓から冬の冷たい風が吹き込み気
持ち良かったです。
14



隣の女湯からも音がしなかったのでこの日はずっと一人、着替えている時やっとお
一人いらっしゃいました。挨拶して少しお話を。この湯は熱いですね~と言うと、
予想外におじいさんはすぐ水で薄めるよ~と。


**************************************************


湯上がりに少しぶらりと、駅に折れる角には湯の華慈母観音。手をつけてみてびっ
くり、強烈に熱い。70°近くありそう。当然足湯は無理だけど、温泉玉子はでき
そうです。
15



少し歩くと東郷湖畔公園、寒いので誰もいらっしゃいません。公園の先端、池に面
してあるのが毘沙門天の湯、別名鯉の湯。足湯はぬるい、今日の様な寒い日には向
かないなー。
16



左のコンクリートで作られたのが温泉玉子専用です。ちょっと手を浸けてみました
が、それ程熱くはない、47~48°ぐらい。これでも玉子茹だるのか?
17



ここから車で東郷湖を時計回りに進むと、めぐみの湯公園があり、ここには布袋の
湯と言う足湯があります。一番整備されていると思います。
18



駐車場も多いし、湯温も管理され、ベンチもしっかりあり、さらに屋根、風よけと
あれば人気が出ないわけがありません。湯温は43°ぐらい、じっくりと足湯なさ
ってる常連さんが多いです。浸かりながら読書なさってました。
19



足湯から右手に30mの所に温泉玉子湯があります。3段になって、一番上から湯が出
て下に流れて行きます。ちょうど玉子を入れられた方がいらっしゃったので、聞い
てみたら、それぞれ湯温が違うので茹であがる時間が微妙に違うそうです。この方
は今から30分足湯なので中段だそうです。
20



過去記事 2008/05/02
  1. 2014/02/19(水) 22:12:20|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<米子市上福原 「カフェ ジャルディーノ」のランチ | ホーム | 倉吉市伊木 「竝麺屋神楽 倉吉店」 の長崎ちゃんぽん>>

コメント

寿湯ですか、いいですね!すきっと熱い湯に浸かり、東郷池を散策しながら汗がひくのを待つのが楽しいです。東郷は湯量豊富な温泉地ですよね!鯉の湯は、自分がお邪魔した時は結構熱かったような気がしました(笑)。いつかシミズさんにて散髪してみようかな、などと思ってます(笑)。
  1. 2014/02/20(木) 13:02:17 |
  2. URL |
  3. sattoru #-
  4. [ 編集]

>sattoruさん

お久しぶりです。
寿湯はsattoruさん流に表現すれば、渋いって感じでしょうか。この日はずっと一人で入っていましたが、熱い湯を楽しみました。外気はかなり冷たかったですが、体はぽかぽかして、公園を歩いていても気持ちよかったです。
鯉の湯は、何だか管理されていない感じでした。ぬるかったですよ。
シミズさんで、散髪してもらいながら、温泉話し聞けたら最高じゃないですか。(笑
  1. 2014/02/20(木) 17:34:39 |
  2. URL |
  3. ひさごん #TUPMmKso
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search