今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2014/02/23
兵庫県美方郡新温泉町浜坂 「みさきや」で若松葉がにとモサエビ

なんて良い天気だろう。まだ2月と言うのに3月終わりの様なぽかぽか陽気、こん
な日はのんびりと、ドライブして、ランチして、温泉つかってを楽しむに限ります。

毎度の事ながら、家を出て運転しだしてから西か東かはたまた南かと相談する。
「ん~ じゃ今日は東」と一言。

綺麗な海岸線をゆっくり進んで、居組を過ぎると穴見海岸。小さな駐車場があるの
でいつもこの場所で一休み。直ぐ目の前に山陰ジオパークらしい眺めが広がって
います。右の島の手前で素潜りしていらっしゃいました。何が獲れるのやら。
01



浜坂までやって来てちょっと早いけどランチにしようと向かった旅館は、「今日は
12時から」という事で別のお店へ。あの店かこの店かで魚、それともあっちで牛
かと悩みながら、浜坂町中の狭い道を。
何度か振られたお店までやって来ると暖簾を目にしたので、今日はここで魚。2度
目のお伺いとなるのは、美方郡新温泉町浜坂の「みさきや」さん。
02



暖簾をくぐると大将が準備中。店内はカウンター5席と小あがりのテーブル2卓と
かなりこぢんまりとしています。寿司も握られるのでケースはあるが、中には入っ
ていない(笑
03






メニューは貼ってありますが、大将と話しながら「かに」と「モサエビ」が食べた
いと。当然メニューにはありません。モサエビにいたってはちょっと買ってくるわ。
予算も言わず大雑把にお任せでお願いしました。
息子さんと2人で調理なさってます。すぐ近くに日帰り温泉施設、浜坂ユートピア
があるので、そこへの出前が主の様でした。なので休みは施設に合わせて木曜日。

予約持ち帰りの寿司をせっせと握っていらっしゃる大将と話しながら、料理を待ち
ます。今年の海はおかしい、かにも少なかったし、ホタルイカも少ないみたい。

まずボイルのかにの登場。かなり大きなかに1杯。大将が足の先まで身を取り出す
方法を教えて下さいます。
04



これは若松葉がにです。写真を撮ってから食べようとしていると、もさえびの登場。
しかしまずはかにを食す。大きな足身を一口、甘くてジュージー。どっかの干から
びた足とは比べものにならない美味しさです。レモンも三杯酢もあったけど、使い
ませんでした。これだけ甘ければ不要でしょう。今年は2月いっぱいで漁が終わる
そうです。
05



息子さんが次々並べてくださって、ご飯も揃いました。一部すでに食べ始めていま
したが、記念にパチリ。大きなご飯茶碗です。(笑
06



ちょっと走って調達してきたモサエビのお造り。明らかにスーパーに売ってあるも
のより二回り大きいです。
07



光の加減なのか、抱卵は深い緑。ここでよこりんさんのえび食べ方講座が始まりま
す。いつもですけどね、「へぇ~」とか「知らんかった~」と相づちをします。
まずは親指と人差し指で尾を押し出すようにつまむと簡単に殻が外れます。そして
頭の先端をつまんで全体を口に入れ、頭を潰すとみそが絞りだされ、身がぽとっと
外れる。最後に頭をチューチューと残りのみそを吸い出す。
大ぶりな身はぷりぷり、ねっとりとして甘い。みそがこれまた新鮮で濃厚、すごく
美味しいです。
08



浜坂産のモサエビです。浜坂ではこれより小ぶりな白エビと言うのもあるそうです。
隣りの香住で白エビと言ったらモサエビでしたが、こちらの白エビは???
もしかしたら同じ種ですが成長で呼び名が違うのかも。

実山椒と一緒に炊かれた真ガレイの煮付け。甘さは控え目、少し醤油濃い目、しか
し炊かれたばかりでとても美味しいです。たけのこもほっこりとしていました。
09



そうこうしていると、息子さんが大きな土鍋を持っていらっしゃり、目の前で蓋を
開けて下さいました。予想外でしたのでこれはテンション上がりますね。
10



何ですか、この匂い。深呼吸したくなります。
11



ボイルのより、さらに大きなかにが一杯。見た目の身のふっくら具合。焼きたて特
有の感じです。早く食べないと縮んでしまうので、他のは放ったらかしです。
12



酒をふって、陶板蒸し焼き。殻を持てばかなり熱い、おしぼりで殻を持ち、ぷりぷ
りの身を外す。この濃縮された甘さは何なんだ。さらに鼻孔をこれでもかと刺激す
る、咽せる様な匂い、堪りません。
13



必死で食べていると、カウンター席に座った大将が「かには黙って食べんと」と言
いながら、ずっと話しかけてくるもんで、黙って食べられません。(笑
話し好きな大将と和やかにおしゃべりしながら、そのうちに指で身を取りだしなが
ら食べ散らかしました。若松葉なので殻が少し柔らかく、カニスプーンも箸も使わ
ず、素手と歯で十分なのです。
14



お任せで、ちょっとお高めの6100円でした。でもかに三昧とぷりぷりモサエビ、
そして大将のおしゃべりで満足でした。

過去記事 2008/09/14
  1. 2014/02/23(日) 22:45:03|
  2. 和食|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<兵庫県美方郡新温泉町浜坂 「マロニエ 浜坂店」 | ホーム | 倉吉市上井 スポーツカフェ&BAR 「Green Monster」初潜入>>

コメント

白エビは浜坂でとれません 白エビは金沢で上がる小さな小さなエビです 正直この料理で6100は高いです 海岸の水産屋の定食を食べてみてわどうですか 通りすがり人
  1. 2014/03/22(土) 19:48:10 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

>通りすがり人さん

コメントありがとうございます。
そうですね、お高めでした。紹介の水産屋さんに久しぶりに寄ってみましょうかね~。
白エビは浜坂では獲れませんか。浜坂での白エビがどんなのか知りませんので。隣りの香住で白えびと言ったらクロザコエビでしたけどね。つまりモサエビ。魚類の呼び名は地方でそれぞれ、同じ呼び方でも全く違う事は珍しくありませんね。
  1. 2014/03/23(日) 06:30:02 |
  2. URL |
  3. ひさごん #TUPMmKso
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search