今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2014/04/02
それ行け四国旅(その3) 「足摺サニーサイドホテル」

ランチの後、中土佐からひたすら南下し、途中四万十川を渡り、2時間30分後に
やっと今日のお宿「足摺サニーサイドホテル」に到着。我が家から520km。
写真は翌朝撮りました。
01



海に面したこざっぱりとした和室。窓から見える足摺の海は風が出て波が高くなっ
ていました。
02



まずは長距離運転で疲れたので温泉に入ります。内風呂が何故だか2つありました。
無色透明な湯、つるっとしています。匂いと味は未確認。源泉名は「あしずり温泉」
となっていました。そこからの引き湯の様です。
03






露天風呂もあります。露天は生憎の雨でしたので5分程浸かっただけでした。晴れて
いれば南国の風を楽しめただろうな~、残念。
04



夕食は皿鉢料理、造り、鰹タタキ、鍋となっていました。
05



皿鉢料理の中央は旭ガニ。塩をして油で揚げてあります。身を外そうとしましたが、
面倒なので殻毎バリバリ、柔らかいので問題ないです。淡泊な味でした。
06



何かの炙り、玉子、蕗の寿司3種。そして手前のが何か、襞があるので内臓っぽい。
お聞きしたら、「マンボーの腸」。えぇ~~、初めてかも。プリプリ、シコシコの
食感、煮付けた後に酢で〆た感じでした。
07



他にヒイラギ貝グラタンオーロラソース、梅酢長いも、タケノコ、鶏唐揚げ甘酢あん
かけ、鯖のみそ煮。
08



鰹タタキはとろりとしたタレで、造りはマグロ、カツオ、甲イカでした。
09



鍋は海老、イカ、そしてマンボー。マンボーは白身ですごい弾力があります。魚を
食べている感じがしない、むしろ何かの肉の様な。しかし味はいたってあっさりで
した。
10




翌朝、風の音と窓に打ち付ける雨音で早くから目が覚める。外を見ると、激しい風
で昨日よりさらに海が荒れていて、こりゃ観光できないな~と観念。朝一に温泉に
浸かって、今日はどうしようかな~と悩んでみるもさっぱり。

朝食はシンプル。大根のぬか漬けが美味しかったです。
11



8時前になると風も和らぎ、雨もぽつぽつ程度になったので、即チェックアウト。
  1. 2014/04/02(水) 09:49:08|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<それ行け四国旅(その4) 足摺岬灯台、万次郎足湯、唐人石巨石群、足摺海底館 | ホーム | それ行け四国旅(その2) 高知県高岡郡中土佐町 「黒潮工房」の鰹タタキ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search