今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2014/04/02
それ行け四国旅(その5) 高知県四万十市西土佐口屋内 「しゃえんじり」

足摺巡りを終え次ぎに向かうのはこれまた憧れの四万十川。進みながらランチをど
うしようかと。ガイドブックに載っていた中村の郷土料理のお店までやってくると
臨時休業の貼り紙。そこで、同じくガイドブックに紹介してあった四万十川沿いに
ある農家レストランを目指します。到着時刻が閉店ギリギリなので予約を入れて、
お伺いしたのは、高知県四万十市西土佐口屋内の農家レストラン「しゃえんじり」
さん。
01



店内は入って左が厨房、その前の長い棚が料理置き場。フロアはテーブル席x3卓、
上がりのテーブルx3卓となっていました。

農家のお母さん達が地元の食材を使って料理されています。バイキング形式で好き
なものをいただけます。一人一品のものは直接、運んでくださいます。お値段はな
んと1000円。
閉店間際で料理も少なくなっていましたが、予約の我々を待っていてくださり、こ
の後料理を追加されました。この日は3名で営業なさっていました。
02



それ程種類が多いわけではないので2人ともほぼ同じ内容です。左下の魚はアメゴ
の甘露煮、甘過ぎずふんわりと炊かれていました。ご飯は3種(白米、赤飯、ちら
し寿司)あり、酢がよく利いた椎茸と筍がいっぱのちらしがとても美味しく、何回
もお代わりしました。酢が違うな~と感じました。右隣りは椎茸とほうれん草のスパ
ゲッティー。右下は里芋とこんにゃくと椎茸の煮物。
左上の皿には、筍とタキ菜の酢みそ和え、菜の花のお浸し、白和え、キンピラ、
そしてスカンポ(イタドリ)の塩漬けを戻して煮物。間違いないと思ったけど念の
為にお母さんに聞いたら、やはりイタドリでした。四国では高知しか食べないそう
です。天ぷらはさつま芋と野菜のかきあげ。おみそ汁の味噌が独特で癖のある風味、
とても気に入ったので無理言ってお代わりしました。手作りだそうです。
03






猪肉が少し入った揚げたてのコロッケを持って来て下さいました。臭みも無く、カ
リカリした衣でほくほくでした。そして椎茸のタタキができましたよ~と並べられ
て、またまた取りに行く。椎茸を軽く素揚げして、マリネ風にしてありましたが、
これがとても美味しかったです。
04



食後はコーヒーかゆずジュースか選べれます。そしてデザートに左から、牛乳かん
のいちごジャムのせ、柚子寒天、まめにみそ、柚香(ゆこう)。
05



「鳥取から来ました。とても美味しかったです。」とお話して、店名の「しゃえん
じり」とはどう言う意味ですかとお聞きしたら、方言で「菜園」の事だそうです。

お店の外まで見送ってもらって、お土産までいただきました。料理にも出されてい
た「まめにみそ」。大豆をからっと素揚げして、手作りの味噌と砂糖に絡めたもの。
味噌の風味と大豆の旨味でぽりぽり食べ出したら止まらなくなりました。
06



おすすめのお店です。地元にこんなのがあれば、毎月でも行きたいですね。
  1. 2014/04/02(水) 19:44:10|
  2. レストラン他|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<それ行け四国旅(その6) 四万十川沈下橋 | ホーム | それ行け四国旅(その4) 足摺岬灯台、万次郎足湯、唐人石巨石群、足摺海底館>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search