今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2014/09/02
北海道旅(その8) ニセコアンヌプリ温泉 「湯心亭(温泉編)」

湯心亭」さんは24時間いつでも入れるそうです。そして近隣5カ所の湯巡りパ
スポートももらえました。さて、どうしようかと

この日はすでに3湯入ってヘロヘロでしたが、時間の関係で湯巡りパスポートの湯
を先にしました。

夕食後、やって来たのは、車ですぐ近くのニセコグランドホテルさん。こちらには、
広大な露天があるそうです。それも混浴です。よこりんは、湯浴み着(100円)
を借りて入るつもり。
01



内湯は折れ曲がった変形湯船と少し高い位置にあるこぢんまりとした湯船の2つが
ありました。それぞれ泉質が違うそうです。小さい方はの泉質はナトリウム-塩化物
泉で、色は薄い灰緑っぽく、表面に膜が張ってるみたいな 感じでした。湯温はかな
り高め。

時間もないのですぐ露天へ。びっくりの広さ、家族連れが一組入っていらっしゃい
ました。色は薄緑褐色で、口に含むと炭酸味と鉄分。泉質はナトリウム-塩化物・炭
酸水素塩泉。

しばし待っているとよこりんがゆっくりとやって来ました。もちろん露天へのアプ
ローチは男女で違い、少しだけ露天内まで仕切りがあり、仕切りの先で合流です。
広大ですので、混浴と言ってもかなり距離が保てるので気にならないと思います。
夜なので景色はさっぱりですが、少し温めの広大な露天につかり、今日の温泉疲れ
を温泉で癒す(笑

そろそろ上がろうとすると、女性の上がり場近くに、若い男性が数人。混浴慣れし
ていたらタブーの位置ですが分かっていない様子。でもそのうちに上がりだしたの
でやっと上がれる。

グランドホテルの道路挟んだ真向かいに甘露水を発見。一口飲んでみたら、柔らか
く甘い。ペットボトルに詰めて、たびの途中で飲む事にしました。
02



「湯心亭」に帰って一息つき夜遅く温泉へ。ほとんど入浴だけでした。ぐったりし
て湯から上がり、ソフトクリーム券利用。このソフト、とっても滑らかで脂肪分多
く美味しかったです。
03






翌朝、とんでもなく早く起きて、と言ってもすでに明るくなった5:00に浴場へ。予想
通りと言うか誰もいらっしゃらない。

内湯はこぢんまりとして、直径3mの半円形。一方の隅から熱い源泉が注がれ、静か
に溢れています。
04



無色透明、石膏の様な匂いが少ししたかも、口に含んでみましたがほとんど無味。
洗い場の床は析出物で白くなっています。浴感はキシキシする感じでした。泉質は
ナトリウムー炭酸水素塩・硫酸塩・塩化物泉。
05



温まったら、内湯の奥のドアから露天へ。露天の道は緩やかなスロープになってい
て、そのまま湯内に入っていけます。
06



湯温は温めの40°ぐらいで、深いので半立ちでつかります。大きな岩に囲まれ予
想外に広い。一部東屋風の屋根が設けられているので、雪や雨でも楽しめますね。
07



一番奥に源泉の注ぎ場所があり、岩を伝って流れています。岩もかなり析出物で変
色しています。この近くはかなり熱めでした。
08



源泉量も豊富の様で排水もすごい勢いで流れています。
09



誰もいらっしゃらない、隣のよこりんと時々大声で話しながら、早朝の露天楽しみ
ました。
10



湯から上がって、初めて休憩室があったと知る。昨夜知っていれば、ここでゆっく
りできたのにと残念でした。
11



湯巡りパスポートはチェックアウト後もその日一日有効でしたが、他にどうしても
行かないといけない湯があったので諦めました。

  1. 2014/09/02(火) 23:19:53|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<北海道旅(その9) 京極町ふきだし公園 「羊蹄の湧き水」 | ホーム | 北海道旅(その7) ニセコアンヌプリ温泉 「湯心亭(お宿編)」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search