今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2014/09/05
北海道旅(その18) 支笏湖 「丸駒温泉旅館(お宿編)」

洞爺湖からほぼ東に走って、今日のお宿は支笏湖湖畔にあります。支笏湖は一周で
きる道がないので、反時計回りで、全く景色もなにもあったものじゃない湖をぐるっ
と回って道のほぼ終端までやって来ました。支笏湖北岸の一軒家「丸駒温泉旅館
(北海道千歳市支笏湖幌美内) 17:00に到着、総走行距離795km。
01



こちらも日本秘湯を守る会の宿です。今回の旅では4軒目となります。偶然ではなく、
会の温泉をメインにして巡った感じです。

1ヶ月前の予約で部屋は山側しか空いてなく残念と思ってましたが、この雨で湖は霞
んでしか見えないから、山側でも十分。(笑
02



部屋で少し休憩したら、早速温泉を楽しみました。紹介は温泉編にて。

夕食は、1Fの食事処でいただきます。お品書きはこちら。
03






この食材を、炭火で炙っていただきます。キンキ、かにみそ、ほたて、甲いか、
アスパラなど。
04



きんきの干物が美味しかったです。甲いかは薄く切ってあり、下には辛みそ。その
焦げたみそと火が少し入った甲いか、初めてでしたが美味しかった。
05



4種の珍味。
焼き湯葉の西京漬けともずく酢。
06



お造りは、うに、ひめます、太刀魚。支笏湖産のひめますはねっとりとた身、色は
濃いです。
07



後ほど次の串焼きが登場。ひめます、千歳産ベーコン、北寄貝さつま揚げ。ほとん
ど火が通っているので炙る程度でOK。
08



釜飯は大根菜と梅じゃこ飯、じゅんさいの赤だし、香の物。
09



デザートは大きなメロン。お聞きしたら、上川産だそうです。美味しい~
10



夕食済ませて、一息ついたら夜22:00またまた温泉。そして、翌朝5:30にまたまた温
泉。露天から支笏湖の景色を見る事はできませんでした。

朝食はバイキング、いろいろあったけど、食べ過ぎの感もあるので控え目に。
11



昨夜からずっと降り続いて早朝まで降っていましたが、小雨になり雲の間から光も
見える様になってきました。

すぐチェックアウトの予定でしたが、この宿専属のクルージングができそう。フロン
トに問い合わせすると検討中との事。しばし待っていると連絡がはいりました。

お宿の裏庭にボートが止めてあり、出航の準備中。止んだと言えど、風はあり、薄
暗い、遠くはかすかにしか見えません。
12



待っていると、どんどん明るくなってきました。クルーザーの2Fに乗せていただき
出航。お宿の全景、露天風呂はさらに右にあり入りきらない。宿の背後の山が、
恵庭岳。
13



周囲の山々は雲をかぶっていて全容ははっきりとしません。ボートは風を切りなが
ら高速で進んで行きます。
14



回りは40kmぐらいで、深さは300m以上らしい。少し青空が見えてきました。
15



支笏湖のブルーが見られるポイントへ向かいます。どんどん色が変わって来ました。
16



山が迫っていて道路がない辺り、色はまさにブルー。透明度は18mにもなるそうです
が、雨も降った後で、空にも幾分雲があり、そのすごさは見えませんでした。
17



しかし岸近くに寄ると湖底が青くキラキラ輝いていました。早朝の雨から考えたら、
とても幸運だったと思います。
18



帰って来る頃、お宿の後ろの恵庭岳にも青い空が少し見えていました。この山の中腹
左側に「オコタンペ湖」があると言う。
19



チェックアウト後、「オコタンペ湖」を目指しましたが、木々が茂っていてほとんど
見る事はできませんでした。札幌側から近づけば、見えるのかしら?
20


  1. 2014/09/05(金) 21:26:38|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<北海道旅(その19) 支笏湖 「丸駒温泉旅館(温泉編)」 | ホーム | 北海道旅(その17) 伊達市松ヶ枝町 「回転寿司割烹 伊達和さび」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search