今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2014/09/05
北海道旅(その19) 支笏湖 「丸駒温泉旅館(温泉編)」

到着してお部屋で一息した後は、まっすぐ浴場に向かいます。こちらは、大きく分
けて2つ。ひとつは内湯とその外の展望露天、もう一つは支笏湖と繋がっている天
然露天です。

それぞれ3回入りました。到着後、夕食後、朝食前。

一番入ってみたかった天然露天に向かいます。脱衣所からそのまま通路を下って、
支笏湖の湖面近くまで下ります。秘湯を守る会の提灯が見えますね。
01



提灯の向こうに、その露天が見えてきました。写真右が支笏湖、その湖の一部を囲っ
て造った様な感じです。夕方でかつ雨もかなり降っていて暗いので注意深く入りま
す。しかし暗いにもかかわらず、底まではっきり見えました。この露天で思い出し
たのは、全く同じシーンだった大分の壁湯。岩に寄り添って上に茂る木々からの雨
に濡れ、無色透明な、川横の混浴湯に入りました。形もなんとなく似てます。
02



水位は日によって違うとの事で、今日は1.0mの深さ。1.3mぐらいの時もあるそうで
す。底には玉砂利が敷いてあり、歩くと足が少し埋まる様な感触があります。湯温
は40°ぐらいに下がっていました。口に含むと甘い川の水の感じの様で匂いはあり
ませんでした。
03






大粒の雨なので、奥の岩肌にぴったり着いて雨をしのぎますが、覆い被さっている
木からもっと大粒の水が落下してきます。視界は悪いどころではない、見えるはず
の山々などさっぱりでした。
04



強烈に降り出したので、とりあえず露天と支笏湖を写真に撮っておきました。写真
左が露天、土嚢が積んである所が露天と湖が繋がっている所。その右が波よけ。
05



内風呂は、湯船が3つありました。窓の外、少し下がった所が先程とは違う展望露
天。内湯、展望露天どちらからも支笏湖が良く見える様になっています。この日は
さっぱりでしたけどね。
06



一番右の湯は高めで44°ぐらい、味は酸味とエグミと微かな塩味。縁や底はかなり
茶色になっています。湯もうっすら灰緑色。深さは膝上5cmぐらいでした。
中央と左は少し色が薄い様な印象だけど口に含むと同じでした。湯温は41°~42°。
07





食事も近づいたので、湯から上がり、食事。そして食後に一息ついたらまた温泉。

そして、翌朝雨が上がって綺麗な景色を見ながら温泉につかろうと就寝しましたが、
止む事もなく早朝も雨。



しかし、またまた湖畔の岩の露天に朝早く、一番奥から撮ってみました。足探りで
確認すると、湯は奥の岩底辺りから出ていました。天然の足元湧出。
08



この切り口で湖と繋がっています。この時は湖側に流れていた様に思います。
09



朝5:30、透明な湯は本当に底まで綺麗にみえていました。
10



続いて、展望露天へ。大浴場から数段降りると、長方形の風呂があります。明らか
に色が濃く、底は全く見えません。
11



奥の左が湯の湧き出る所で、手前の2カ所が湯切り。
12



この1mぐらいの湯溜めから熱い湯が溢れて、湯船に入っています。鉄分で真っ茶色
に変色し析出物の層も出来ています。
13



デッキに椅子も用意されていて、支笏湖が一望できるはず。この日は遠くに山かな
と思える影が見えるだけ。この後奇跡的に雨が止み、支笏湖クルーズできたのはと
ても幸運でした。
14



遠くに山の影と桟橋に繋留のクルーズ船が見えています。朝6:00前、誰もいらっしゃ
らない展望露天、晴れていたら最高だったと思います。
15



階段を下りた所に飲泉湯がありました。飲んでみたらこんぶの味がしたけどまさか
そんな事はないだろうし、錯覚か。泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸
水素塩・硫酸塩素泉。
16



丸駒温泉でもずっと温泉三昧でした。
  1. 2014/09/05(金) 22:15:51|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<北海道旅(その20) 登別カルルス温泉 「湯元オロフレ荘」 | ホーム | 北海道旅(その18) 支笏湖 「丸駒温泉旅館(お宿編)」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

08 | 2017/09 | 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search