今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2014/09/13
北近畿旅(その2) 京都府 丹後半島 「伊根の舟屋・経ヶ岬灯台」

美山を後にして、さてどこに行こうかと。丹波篠山、福知山もいいけど、今回は
リベンジで伊根湾の遊覧船。前回3月に乗る気満々で行ったら、営業時間過ぎてい
て、いつか必ずと思っていました。

高速に乗って、天橋立まで一気にやってきました。目指すは丹後半島の伊根町。
途中、傘松公園へのケーブルカーにもそそられるが、後回しにして遊覧船乗り場に
14:15着、326km。

さー、念願の伊根の舟屋を海側から見る事になりました。乗船を待ちながら、真下
の海を見ると、透明度がとても高い、淡いブルーの海、小さな魚がいっぱい寄って
きてます。誰かがエビセンを投げ込むと、待っていたかの様にどんどん集まって、
お祭り状態。
01



出航すると、途端にカモメが併走し始めます。湾まで少し距離があるので、その間
カモメに餌やり。湾の上空を旋回していたトンビもどんどん集まってきます。
02



もう慣れているらしく、差し出せばすぐ取りに来ます。しかし、トンビは迫力満点。
03






穏やかな伊根湾、舟屋の姿が見えてきました。
04



縦長の家屋、1階部分が船の格納になっています。この様な建物が湾を囲む様にぐ
るりと並んでいます。
05



舟屋の佇まいは海上からでしか見る事ができないのです。
06





予定では天橋立に引き返して、ケーブルカーでしたが、変更して丹後半島に向かい
ます。高所恐怖症のため丹後半島の運転を前回はびびって、二度と通らないと決め
ていたのに、怖いものしらずか、それとも・・・・

途中、経ヶ岬灯台に寄ってみる事に。駐車場に到着したはいいが、ここから歩いて
行かなくてはならず、0.4kmを歩く事になりました。平地ならいいのですが、上りの
山道でぜぇぜぇ言いながら、15分後にやっと到着。
07



敷地の向こうに、灯台の上の部分が見えてきました。バックの青い空に、日が当たっ
て真っ白な灯台。ブロックの上辺りが水平線でした。
08



灯台の横まで降りられます。全体を写せるのはこの場所ぐらい、下に降りるとあま
りにも近すぎて収まらないのです。
09



眼下には経ヶ岬の絶景。
10



下から見上げた灯台。両脇に白いレンガ造りの筐体建物、中央が丸くのびる塔、とて
も鮮やかなコントラスト、休み休み上って来た甲斐がありました。
11



帰りは下りなので、楽なのです。でも膝ががくがくして危ないったらありゃしない。

二度と通らないと決めていた丹後半島を再び回って、お宿に向かいます。
  1. 2014/09/13(土) 22:41:05|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<北近畿旅(その3) 京都府京丹後市 夕日ヶ浦温泉 「本陣粋月」 | ホーム | 北近畿旅(その1) 京都府南丹市 「かやぶきの里 美山」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search