今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2014/09/14
北近畿旅(その4) 福井県敦賀市 「敦賀ヨーロッパ軒」

あてもないのでお宿でごろごろしながら、どうしようかと。今夜のお宿は、隣の様
な香住なので、余計に迷う。丹波篠山まで行って美味しいランチでもと地図を見て
いて、もう少し行けば敦賀じゃない。

前回、道の駅で食べたソースカツ丼はなんちゃってカツ丼らしく、ぜひ本場でと薦
められていたので、行っちゃえ~とばかりにお宿を10:00に出ると言う暴挙。

天橋立から高速に乗れば、京都縦貫道、舞鶴若狭道、北陸道と一気に敦賀まで行く
事ができます。繋がったのは最近の事らしい。できたばかりの三方五湖PAで一休
み。三方湖の一番奥が目の前に広がっていました。
01



お宿からまっすぐ170km、北近畿旅からはみ出してやって来たのは福井県敦賀市相生町
敦賀ヨーロッパ軒」さん。なんじゃこりゃ、ビルだよ。
02



駐車場も溢れて止め場もなく途方にくれていると、1Fの調理場から料理人さんが出
てきてバス止め場に案内してくださいました。やれやれです。
03






お店は2F、長蛇の列が階段途中までできています。とりあえず名前を書いて待ちま
す。この時点でおおよそ20組待ち。次々お客様が増え、後にも長い列ができ、つい
に1Fのフロアまで。
04



50分待ってようやく席に着き、決まってはいますが、とりあえずメニュー確認。
やはり左側のものがこのお店のおすすめでしょう。ざっと見渡してもほとんどの
人がそれらしい丼をいただいていらっしゃいました。
05



店内はとても広く、テーブル席や上がり席などかなりの席数でした。お茶は豪快に
やかんで提供。(笑

15分待って、丼の登場。蓋を開けたらソースの良い匂い。
06



脂身の少ないロース肉を使った特製カツ丼(1000円)。丼から盛り上がる様に
3枚乗っていました。
カツはそこそこサクサク、独特な衣にソースがしみこんでます。酸味は少なく、甘さ
は程よく、くどさのないソース。カツは厚さが7mmぐらいで薄めです。脂がある普通
のカツ丼の方が合いそうです。
07



ご飯はわりと硬めに炊かれて、かなり押し込まれ気味で多いです。硬めなので、
ソースがサラッと絡んでいます。時間が経っても、ご飯にしみ込み難いです。
08



パリ丼(800円)。どうしてパリ丼なのかはわかりませんが、カツがメンチカツ
になっています。大きなメンチカツが2枚ど~んと。
09



ソースは同じものだと思います。メンチカツは脂もあり、ジューシーでとても美味
しいです。カツよりこちらの方がソース合うような気がしました。ご飯はやはりソース
でコーティングされた様に光っています。
10



想像以上にご飯が多いです。1.5倍ぐらいあったと思います、最後辺りはちょっと
苦しかったが、なんとか完食。

帰る時にはすでに長蛇の列は消えていて、駐車場も空きができていました。
11



食事を終えたら、もうこんな時間、とてもじゃないけどチェックインに間に合うわ
けもない。遅くなりますと伝え、来た道をひたすら走るのみ。
  1. 2014/09/14(日) 22:12:35|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<北近畿旅(その5) 香美町香住区訓谷 「民宿 たきもと」で香住ガニ三昧 | ホーム | 北近畿旅(その3) 京都府京丹後市 夕日ヶ浦温泉 「本陣粋月」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search