今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2014/11/01
岡山県真庭市蒜山初和 「初和のイチョウ」

蒜山経由で裏大山の紅葉を観に向かいましたが、犬狭トンネルを抜けると凄い濃霧
で、とてもじゃないけど紅葉は諦め、勝山方面に変更。進んでいると、よこりんが
大きなイチョウが見えたと言うのでUターン。橋のたもとから左向こうに、こんもり
とした大きな木が見えます。色は黄色と緑のまだら模様。
01



以前ならそのまま過ぎ去っていますが、最近は巨木に興味があり、素通りできない
のです。近くまで行ってみる事にしました。

村中の道横に巨木はひっそりとありました。樹高は目測おおよそ35m、広がりは30m
ぐらいの高いイチョウで、この時は2色に分かれた樹冠は雨上がりで光っていました。
02



巨木に似合わぬ黄色い小さな葉がびっしりと敷き詰められた細道の向こう、一段高
い場所に、巨木の幹が見えてきます。説明の案内板はなくただ標識が立っていて、
それによると真庭市の天然記念物「初和のイチョウ」。場所は初和コミュニテーハウス
の真横。
03






背後には、トタン屋根だけどお堂の様な建物があり、その前の庭にこの巨木だけが
すっと生えています。目通り幹周り6.5mぐらい、樹肌には縦筋の模様。乳柱はひと
つも確認できませんでした。
04



割と低い位置から枝が張りだし、はるか上まで次々と四方に伸びています。枝先は
しなだれて低い所まで下りてきています。
05



右に回って見ると、お堂の前が黄色い葉で覆われて、とても綺麗でした。しかし、
樹冠はまだ緑の葉が多かったので、もっとふわふわに敷き積もりそうです。写真右
には一列に小さな五輪塔が並んでいます。
06



真後ろに回ると、根元から幹、そして上まで苔に覆われています。シダの着生も多
く、人里の隠れたイチョウの趣が漂っています。
07



地面から出た根、石などはすっかり苔むしています。人が訪れるのもほとんど無い
かもしれません。苔の緑とイチョウの黄色のコントラストが綺麗でした。もう少し
したら苔は隠れてしまうでしょうね。
07a



下を捜していたよこりんが、オハツキの様なのを発見。他にもないかとうろうろ捜
したがこれひとつでした。地区の特産なので、外部の方は銀杏の実をとらないで下
さいと書いてあります。
08



最後に正面から、やはり全体は撮れない。後ろのお堂と比べるとその大きさがよく
わかります。
09



巨木の左には荒魂神社への道。
10


  1. 2014/11/01(土) 22:16:19|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<岡山県真庭市三田 「cafe てぁ」でランチ | ホーム | 岡山県真庭市蒜山 「キッチンキャビンログピース」 2014秋>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search