今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2014/11/22
三朝温泉 「依山楼岩崎」

またまた雑誌半額企画で三朝温泉へ。今日お伺いしたのは、三朝温泉「依山楼岩崎
さん。見上げる程の威容を誇っていますね~。
01



今日は、なおぴょんと3人でお伺いです。2人は雑誌半額での利用、1人はラドン券
利用。入浴料は雑誌半額企画で750円。通常は1500円なので、なかなか利用できな
い湯です。
02



なおぴょんとラウンジで待ち合わせ、ラウンジの大ガラスの向こうに紅葉が迫って
いてとても綺麗でした。
03






スマホだとあまり綺麗には撮れないけど、いろいろな色があり、また空も晴れてい
て一層あざやか。ずっと上の方にも見えるが、お宿の紅葉か、それとも裏山の「南
苑寺」の紅葉なのかは定かではありません。
04



合流して大浴場に向かう。次々と若い男性が出ていらっしゃる。脱衣所にもいらっ
しゃったので、15,6人程。何かのツアーかな~。

この日の男湯は左の湯。脱衣所までやってくると、ほとんどの人が上がられた様で
波が去った後。ほとんど独り占めに近い状態でした。

浴室に入ってすぐは、長方形の内湯「逢山の湯」。湯縁は桧、中程に丸太が渡して
あり、頭をもたれかけれる様になっています。湯温はこの後入った全ての湯が42°強
だったと思います。
05



浴感はキシキシ、味は不明、無色透明。しばしこの湯に浸かってから、外の湯へ。
06



ドアを開けて、数段上ると、左に今回利用しませんでしたがミスト状のラジウム蒸気
風呂、右が大きな露天です。

露天全体は石造りのひょうたんの様な形で、手前の丸い部分はとても深く、へそ位
置より上でした。この部分は説明では「歩行湯」となっていて、ぐるぐる回る様に
なっています。
07



奥は屋根付き石造りの「逢水の湯」で、深さは膝上。この湯の隅にはバブルの「寝湯」
がありました。
08



露天の中ほどに石段があり、4mぐらい上って行くと、「投入堂洞窟湯」が見えてき
ます。引き戸を開けると、左が洞窟風、右が小屋風な造りとなっていました。
御簾の隙間から光が少し差し込みキラキラ、閉塞的な感じですが、一番落ち着く湯
でした。
09



洞窟湯から下へは別ルートの細長い足湯を通ります。石が凸凹していてかなり効き
ます。ま~痛い。
10



再び露天へ。見上げると屋根の隙間から紅葉が見え、ハラハラ散る葉が湯面に幾つ
か浮かんでいました。循環だと思うけど、そんなの気にならないです。
後から調べたら、右の湯は源泉掛け流しだそうで、時間によって男女入れ替え、
いつかは浸かってみたいと思います。
11



湯から上がり、自販機コーナーでくつろいでいると、目の前を山伏装束の可愛い女
の子が数人通り過ぎて行く。後で知りましたが、「AKB48チーム8」のメンバーだっ
たんだすね。あの若い男性集団の謎が解けました。(笑
  1. 2014/11/22(土) 22:56:14|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<三朝温泉 「南苑寺」の紅葉 2014 | ホーム | 東伯郡琴浦町野井倉 大山滝新そばまつり そば処「一向庵」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search