今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2014/11/29
鳥取巨木巡り 「子守神社の大イチョウ」

子守神社の大イチョウ」 (鳥取市青谷町八葉寺(はっしょうじ))

巨木巡りはナビで向かいますが、住所もしくは神社・寺名で捜します。僕のナビで
は読みをいれなければならなく、今回の八葉寺が読めなかったです。

先程の清宗院の大シイの場所とは谷違い、途中かちべ伝承館の案内で位置確認。
八葉寺川を少し遡ると、道沿右手に高い木が見えてきます。木に葉は全くなく、
近づくと地面一面、葉が敷き詰められていました。行き過ぎた所に小さな駐車場が
ありました。

駐車場から見た大イチョウ、見事に散ってしまってました。背がとても高く、全体
が収まるのはこの辺りのみです。樹高目測で40mほどで、広がりはないけど、横枝が
多いです。
01



歩いて近づくと巨木より背後の神社の威容に目がいってしまう。焦る気持ちを抑え
ながら、まずは目的の大イチョウから。

小さな鳥居のすぐ奥右手に巨木はすくっと立っています。鳥居が小さいので、余計
に巨木が大きく見えてしまう。目を少し上に向けると、さらに奥の岩窟社殿が見え
ています。
02



鳥居の向こう、巨木の脇を参道が続いています。その先は子守神社への石段。
03






縦縞が深い根元部分、目通り幹周り6mぐらい、高さは先程の目測で40mぐらい。横枝
が無数に出ているが、それ程太くはなく主幹は太いまままっすぐ立っていました。
一面落ち葉ですが、銀杏の実は見あたらないので雄木だと思います。
04



改めて案内板を見ると、幹周り7m、高さ45mとなっていました。目測精度もかなり上
がってきましたが、環境に左右される事が少しづつわかってきました。高さは相変
わらず大外れが多いです。


鳥居を潜り、小さな橋を渡ると、神社への石段。その上が直立する大岩肌、寄り添
う様に建つ神社。
05



両側に石垣が高く積まれ、上に境内が作られています。石段上がると、3つの社殿
が見えてきます。
06



正面中央には、1mにも満たない小さな社。その前に内向きの曲丸太が向かい合い、
注連縄が掛けられています。背後はごつごつした岩肌、近づくと上からぽたぽたと
滴が落ちてくる。見上げれば、岩はせり出し覆っています。社は窪んだ場所にあり
ました。
07



右の社殿は横向きで、屋根は赤色、岩に潜り込む様に建てられています。
08



社まで行けば屋根のずっと上に垂直の被さる岩肌が見えていました。見事な彫刻も
ありましたが、夕方で暗く良く見えなく残念。
09



左は拝殿と流造りの本殿。本殿の屋根の後ろ側はほとんど窪みに潜り込む形で、岩
に接しているのではないかと錯覚する程でした。
10



境内の石垣の先端から見下ろした、巨木と広場。薄暮れに少し赤味を帯びた葉が
一面に広がっていました。
11



巨木を訪ねてきましたが、葉が落ちてしまっていたのでか神社の印象の方が強かっ
たです。日に照らされた散る前の黄金色の大イチョウを再訪したいです。

鳥取巨木巡り一覧



鳥取神社巡り一覧


  1. 2014/11/29(土) 23:23:26|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<裏大山ドライブ 2014晩秋 | ホーム | 鳥取巨木巡り 「清宗院の大シイ」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search