今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2014/12/14
米子市岡成 「大山トム・ソーヤ牧場」 あぁ~エエ湯だな、カピパラ君

小雪のちらつく中、ここ「大山トム・ソーヤ牧場」にやって来ました。季節外れな
のか駐車場には一台も車が止まっていないのです。目的ははっきりしています。
温泉に浸かる「カピパラ」です。
01



受付で、今日はカピパラ見られますかと確認して入園。入園料は800円でした。

閑散と言うより誰一人としていない。こんな寒い時にやって来るのは、流石にいな
い様です。この後、1時間強いましたが、親子連れが3組程でした。
02



カピパラの場所は一番向こうなので途中の動物エリアに寄り道しながらとなりまし
た。まずはポニー、大人しいと思ったら大間違い、かなり気性が荒く、走り、跳び
はね、体から湯気をまき散らし、鼻息が聞こえて来る。
03






隣は広いわんわんランド。中にどうぞと言われて、入りふれ合いです。常連の女の
子がやって来ると、嬉しいのか集まって来て、われ先にと撫でてもらっていました。
しかし、台に上がっている一団は震えながら、固まって動こうともしません。雪見
て喜ぶんじゃなかったのか(笑
04



次はめぇーめぇーランド。近づくと白い山羊が猛ダッシュして金網に接近。何かく
れ~とうったえているので、販売機でおやつ購入。ちょっと意地悪して、金網の外
からじらしてみました。もちろん直ぐご褒美にあげましたけどね。
05



カピバラ広場までやって来ましたが、小屋の中でじっとしてほとんど動こうとはし
ない。プールは湯ため中、時間になったら満水になり、ふれ合いできるとの事。
06



時間までは30分以上あるので、他の動物巡り。耳が兎の様で、鼻付近はカピパラ、
尻尾は不格好でほとんど無しのマーラ。何か持ってきたかと問いかけてくるカンガ
ルー、生憎何も持って来ずスマン。
07



ケヅメリクガメは引きこもり中。来年春までは「よ~出ん」と言っているそうです。

動かないと生きているのかと疑いたくなるアルパカ。口から出ているのは、歯なの
か舌なのか、ちょっと異様。足下を見れば、つつましく内股でいらっしゃいました。
08



チンチラ、うさぎ、モルモットなどともふれ合いできます。チンチラは正面から見
るとまん丸、その下に小さな足がちらっと見えてました。
09



ふと隣のカピバラ広場を見ると、あれ、出てきてます。どうも湯が溜まる時間を知っ
ている様です。
10



見ていると、おそるおそる足をつけます。足をつけている時は、排泄だそうです。
カピパラは匂いを消し場所を特定されないために水に排泄、広場にはほとんどしな
いらしい。
11



広場内に入って、ふれ合いタイム。ササを一枚もらってそれを差し出すと、ぐいぐい
引っ張ってあっと言う間に食べてしまう。うさぎや羊と同じ牧草で飼育だそうです。
12



立ったまま背中に手をやると警戒して逃げ出します。低い姿勢でそっと背中をなで
なで。10cmぐらいの剛毛なのです。全く柔らかくないです。
13



排泄も食事も終えたら、温泉~。この湯は冬期限定で白鳳の湯から運んでいらっしゃ
います。
14



入ったらすぐに潜水、そして顔を出したら、まったりです。
15



目を細めて、「あぁ~エエ湯だな」と申しておりました。
16



2匹いましたが、入っているのは1匹だけ。相棒は寒さが苦手の様で、排泄食事後
はそそくさと引き上げ、小屋の中の真上にヒーターがある特等席へ。(笑

この2匹は二歳で体重20kgぐらい、大人になると60kgにもなるそうです。
17


  1. 2014/12/14(日) 22:46:55|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<米子市東倉吉町 「バール パッセジャータ」 | ホーム | 鳥取巨木巡り 「岸本神社の大ムク」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search