今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2014/12/21
関金温泉 元旅館「温清楼」 1日限定ゆず足湯 2014冬

関金温泉の元旅館、温清楼さんの露天がまたまた足湯で開放。この日一日の限定で
すが、今回はゆず湯で登場です。

地蔵院さんに車を止め、足湯の案内に従って旅館裏の道を進むと、垣根の塀が開か
れていました。
01



「ようこそ」と声をかけられ、足湯へ。すでに二組の方が満喫中。写真は帰る時の
ものです。

温清楼さんの露天は、上の湯、下の湯に分かれていて、その両方の露天風呂にテーブ
ルが設置され、両側に長いすが渡してありました。以前の足湯イベントの時は、まだ
何もない昔の露天にそのまま足をつけました。
02



湯にはゆずが沢山浮かべられていて、早速下の湯に入ります。温か~~。下の湯は
流れがないのでゆずは一カ所に止まるので、時々足で動かしてやります。
03






3人の方がお世話をなさっていました。また寒いのでおでんやコーヒーなども販売。
足をつけながら、2個100円のおでんをいただきました。セルフのゆず茶湯も用
意してあり、いただきました。
04



ズボンを膝上までまくり上げましたが、深さは膝下あたりでした。竹の簀の子が足
湯の高さまで持ち上げられていたのです。湯面から出た素肌は寒い寒い。
昔の露天は肩下までのかなりの深さでした。こんな寒い日、いつかこの湯に首まで
すっぽりと浸かりたいものです。
05



下の湯は41.3°でした。上の湯に湯が注がれていて、その湯が下の湯に移動するの
で当然上の湯が高いのです。上の湯に移動して足をつけると、一瞬熱く感じます。
湯温は42.4°、ほぼ1°高いですが、よく体感できます。
06



源泉が注がれているのは、上の湯の左隅、長いすの後ろ辺り。2本の竹から湯が注
がれています。もちろん源泉は違います。右の太い方が、45.2°で左は43.9°、両
方の湯量調整で温度調整です。注がれる湯の勢いでゆずが湯面をぐるぐるまわって
いました。
07



下の湯の縁から溢れた湯は、縁横の溝を勢いよく流れ、排水溝に吸い込まれ、道向
かいの川にどばどば排出されていました。なんとも贅沢な足湯なこと。
08



飲泉可の文字には斜線が入れられ、飲まない様にと。とっても寂しいです。口に含
んでみましたが、変わらぬ無味無臭の透明な湯。少しも変わっていないけど検査さ
れていないので飲泉不可。

以前の露天の風情は少しなくなりましたが、テーブル設置で足湯カフェなどに活か
されれば良いかな~。

入れなくても、いまだに豊富な湯がどんどん流れる内湯など見学できれば、復活さ
せてぜひ入ってみたいと願う気持ちが強くなると思います。ささやかですが、この
企画に感謝して募金にも協力。


この写真はお止めになる前頃の露天、良い湯だったな~。
09



過去記事 2013/10/19
過去記事 2008/04/20
  1. 2014/12/21(日) 22:10:29|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<倉吉市鴨河内 「モダンチック」 軽くランチ&カフェ 2014冬 | ホーム | 倉吉市八屋 「Dilli DarBar」 ランチパスポート企画>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search