今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2015/02/04
関金温泉 「関の湯」 2015冬

朝からすかっと晴れて、風は流石に冷たいけど、注ぐ光で暖かいです。近頃寒くて
足湯は遠ざかっていましたが、今日は足湯日和かなと思い、やって来たのは関金温泉
の足湯「延命茶屋」。
01



陽があたって気持ちよさそうです。風よけもしっかりあるので、少々の風でも快適
に足湯が楽しめます。
02



かなりの湯が注がれています。注ぎ口で計ると45.4°と熱いが、足湯の上面は39.4°、
底の方は少しぬるいので足でかき混ぜて浸かりました。
03






足湯からさらに坂道を上って行けば、共同浴場の「関の湯」さん。駐車場は裏に3台
ぐらい、向かいの地蔵院に止めてる方もあります。
04



入浴料は変わらず200円。脱衣しながら浴場を見ると、地元の年配の方がお二人、床に
直接座り込んで体を洗っていらしゃいます。ご存じの様にこの湯には、カラン、
シャワー、椅子、石鹸など一切ありません。唯一あるのは洗面器が6個程。当然、湯
船から汲み湯するスタイルです。「こんにちは」と挨拶して、同様に洗い場にへたり
込んで体を洗う。
05



「源泉可」の文字の下、変わらず音を立てながら注がれる源泉。一口飲んでみるが、
全く味はしないです。もちろん無臭。泉質は単純弱放射能泉と書いてあります。
06



2mx1.5mの湯船、深さはかなりあり、普通に座ると顔が沈んでしまうので、側面に背
をあずけて浸かります。無色透明、底板の木目も綺麗に見えています。
07



地元の方のお話は、この湯の定員の事。どうも5人でいっぱいらしく、そんな時に
来たらえらい事、やっと入れると思ったら15cmぐらい湯面が下がっていて、いつ溢
れるか「わからせん」。

しばらく背もたれで入っていましたが、姿勢を変えて、木の縁に腕を組んで顔を埋
めると、気持ちよく半睡状態になる。遠くで、話し声と注がれる湯音が聞こえてい
ました。湯船に使われている木は松板なのかな~?もうかなり減って凹んでいます。
その湯船の縁からは、ずっと湯が溢れていました。縁から洗い場までは汲み湯しや
すくなっていて高さ5cmしかありません。
08



この日、湯温は41.0°でした。地元の人によると今日は少し焚いているそうです。

過去記事 2013/06/22
過去記事 2013/04/13
過去記事 2012/10/20
過去記事 2011/10/09
過去記事 2009/12/23
過去記事 2009/04/10
過去記事 2008/02/24
過去記事 2007/11/25
過去記事 2007/11/11
  1. 2015/02/04(水) 22:18:48|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<倉吉市関金町安歩 「薬膳食堂めぐり」のごはんランチ 2015年2月 | ホーム | 自作料理 白菜チーズ焼き、グリーンカレー、チーズリゾット、かぶのポトフ、牡蠣風味焼きうどん>>

コメント

変化の激しい世の中、変わらない良さってありますね(笑)。深い湯舟に、どういう姿勢で湯に浸かるべきかしばし悩みながら、湯口から注がれる白金の湯にゆっくり向き合えば心身ともに癒されますね。素晴らしい写真に、ドボーンと飛び込みたい心境です(笑)。
  1. 2015/02/06(金) 17:50:08 |
  2. URL |
  3. sattoru #-
  4. [ 編集]

>sattoruさん

音を立てながら注がれる源泉、この音を聞くと関の湯さんだな~と実感します。地元の方のおしゃべりも健在でした。湯船の板は年月経って、柔らかい部分が凹んででこぼこしてました。汲み湯、床座りのスタイルもずっと続けて欲しいと願っています。
  1. 2015/02/07(土) 07:41:11 |
  2. URL |
  3. ひさごん #TUPMmKso
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search