今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2015/03/08
南部町神話と食のまつり2015 「北山神能社 備中神楽観劇」(前編)

石見神楽は何度か観ましたが、備中神楽は初めてです。この日は、岡山県井原市の
「北山神能社」さんが演じられます。

開演前でまだ観客はほとんど座っていなく、舞台の飾りなどの準備中。座布団の一番
前で観ようと思いましたが、あまりにも近すぎたので、椅子席の一番前に席を確保。
まだ時間があるので、一端抜けて神話ガイドツアーの方に参加しました。
01



ガイドツアーから帰って来ると、会場は沢山の人で埋め尽くされていました。テーブル
では飲食しながらの観劇です。
02



席に着くと隣の方が「猿田彦の舞いがそろそろ終わる」と教えて下さいました。最
初の2演目はすでに終わっていて、3演目めも少しだけでした。一番驚いたのは、
お囃子が太鼓だけ。石見神楽は人数も多く、楽器も種類がありました。また舞台が
かなり狭く約8m四方。
03






休憩になったので、腹ごしらえ。体育館内外に沢山の出展がありました。山菜おこわ、
赤い猪そば、五穀米おにぎり、赤猪汁、谷川バーガー、唐揚げ、コーヒー、デザート
と次々いただきました。赤い猪そばが特に美味しかったです。
04



午後からは、「岩戸開き」と「祗園(大蛇退治)」2演目です。

「岩戸開き」。石見神楽で何度も観ていて、大まかな内容は知っているので、面白
いです。タタタタ・タタタタ・タンタンの太鼓の響きと「ヨートサイ・ヤーハイ・
ヨーハイ」の掛け声。ゆっくりとした所作。
05



二人のミコトのゆっくりした動き、「ヨーイトコ・サーノ」
06



次のミコトは少々お歳を召した方。ちょっと腰も曲がっている。3人でなんか相談
でもしている様です。「昨今の憂い、どうしたものか」と。そして計事。
07



次に登場するのが、あの踊る女神ウズメノミコト。
08



「サンヤーハイ・サンヤーハイ・ハァーハイ・サンヤーハァ」とリズムが力強くなり、
一人のミコトが笛を吹く。演者が楽奏するとは思いもしませんでした。
09



「エンヤー・エイトサ~ノ・サァー」とタヂカラノミコト登場。
10



一段と太鼓の音が大きくなり、掛け声も「アラヨー」。舞いも力強い。衣装も迫力
ある刺繍。
11



強力に任せて、岩戸を開ける算段。ここで音楽さんとの軽妙な掛け合いが始まる。
岡山弁でなかなかユーモラス。お囃子方の事を「おんがくさん」と。事を成す前に、
あれもこれも預けておく。
12



たすきを掛けるにもバタバタ、一悶着。客席からは笑い声が絶えない。遠くから観
劇するよりかぶりつきでの観劇が備中神楽の醍醐味。
13



岩戸が開き、アマテラスオオミカミが姿を現し、喜びの舞い。激しさは無いけど、
成就した喜びが伝わってきます。
14



計事が成し遂げられ、「やったぞ~」と言っているみたいでした。
15



石見神楽の派手さや激しさは無いけど、ほのぼのとした掛け合いで会場も和やかで
した。

後編に続きます。
  1. 2015/03/08(日) 23:08:12|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<南部町神話と食のまつり2015 「北山神能社 備中神楽観劇」(後編) | ホーム | 南部町神話と食のまつり2015 「赤猪岩神社と清水井ガイドツアー」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search