今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2015/08/24
国登録有形文化財 「旧倉吉町水源地 ポンプ室」

徒歩圏内のとても美しい建物ですが一般公開は年に一度、地区の地蔵盆に合わせて
行われます。初めて参加しました。

鉢屋川の上流、倉吉市余戸谷町にある国登録有形文化財「旧倉吉町水源地 ポンプ室」。
01



いつも閉じられている鉄冊が開かれて、敷地内を自由に見学できます。パンフレット
をいただき、時間になるまで写真を撮ったり。
02



建物左側から斜めに全景を。直線に伸びる縦の線と窓の曲線がとても印象的です。
この日は全くの青、白い建物と空とのコントラストも際立っていました。
03






右側から建物正面の辺りを。
04



20人程の参加があり、倉吉市の方、水道局の方から歴史やポンプ室内の説明があ
りました。昭和7年から運用開始、現在は倉吉市の8カ所の水源地のひとつで倉吉市
の1/6をまかなっているそうです。
05



正面入り口上部、一番上には丸に水の文字、その下にはアンカンサスのレリーフと
尽きる事のない水源を意味する「萬斛泉(まんこくせん)」の額。この建物は平成
25年に保存修理工事がなされています。
06



説明の後はポンプ室内を自由見学。平成元年までは動かしていたと言う巨大なポンプ
3基がありました。その後は隣の建物内にポンプが設置され稼働。見学中も時折モー
ターの回る音がしていました。
07



2基は電気モーターでポンプを回し、1基はディーゼルと電気モーターの併用仕様。
それにしても大きなモーター、銘板を確認したら製造は1952。配管はもっと古い
そうです。
08



建物裏に水を汲み上げる井戸があります。直径3mの丸いコンクリート造り、10m
掘って汲み上げているそうです。施設のすぐ横は小鴨川の土手、なので川の水かと
聞いたら、そんな事はなく地下の水脈との事。80年間一度も枯れた事がないそう
です。現在では小鴨川をまたいで川向こうの地区にも供給。
09



敷地内には手入れはされていませんが、こぢんまりとした庭園もありました。鯉も
泳いでましたよ。
10



1時間程で見学会は終了し、その後ひとりで100m程離れた所にある配水池まで
行ってみる事にしました。この石段を上れば、通称「水道山」。192段もあって
かなりきつかった。
11



頂上には巨大なタンクが2基、以前は3基あったそうです。25mプール10杯分
が蓄えられているそうです。ここから自然落下で各家庭に送られています。
12

  1. 2015/08/24(月) 22:31:16|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<三朝温泉 「みささガーデンホテル」でランチ 2015晩夏 | ホーム | 倉吉市鴨河内 うどんや「わたしの道楽」の夏限定レモンうどん 2015年>>

コメント

こんばんは、ひさごんさん。
土手を車で通る度に気になってました。
こんな風になってたんですね。
  1. 2015/08/28(金) 22:47:37 |
  2. URL |
  3. ななはるっ!!! #-
  4. [ 編集]

>ななはるっ!!!さん

ですよね。何だろうと思います。まさか水道のポンプ室とは。
  1. 2015/08/28(金) 23:59:05 |
  2. URL |
  3. ひさごん #TUPMmKso
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search