今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2015/11/12
鳥取巨木巡り 「大日寺の大イチョウ」

大日寺の大イチョウ」 (倉吉市桜)

県道34号を国府川沿いに遡り、桜地区の大日寺を目指します。大イチョウは今の
大日寺には無く、通り過ぎてさらに5~600m進むと、右手に「とっとり名木100選」
の案内が見えてきます。

道路両脇に広いスペースがあるので駐車できます。左側に止めて車から出ると少し
高い位置に青空を背景にした県指定天然記念物の「大日寺大イチョウ」がくっきりと。
01



案内の横の小さな坂道を3m上ると畑の奥に大きな銀杏と、木を取り囲む小さな五輪塔
が見えてきます。まだ葉色は緑で所々黄葉になり始めです。イチョウの巨木は下側
に枝が無くむき出しになっている事が多いが、この木はかなり下まで枝が伸びていて
根元付近はこの位置からは見えないです。
02



五輪塔の結界の外までやって来ると巨木の幹が姿を見せます。少し薄暗く、どこと
なく近より難い、そして湿った匂いがしそうな鎮魂と畏敬の場。この沢山の五輪塔
は県指定史跡「大日寺古墓群」の一部だそうです。
03






根元は一本であるがすぐ分割立ちしている。こう言うのをヒコバエと言う。元あっ
た主幹から周囲に芽が出て数百年時が経ち、その脇芽が大木化している。当然なが
ら主幹は朽ち果てて姿さえなくなっている。
04



根元の幹周りは目測 11mぐらい、高さは30mぐらい。後程案内板を確認したら珍しく
目測とほぼ合っていました。
05



右に90°回り込むと、中央には一番大きな木、同じヒコバエでも成長した年月が違
うのかも。この木は8mぐらいの高さに大きな空洞、その中からも新しいヒコバエが
数本伸びていました。
06



足元にはおびただしい銀杏の実が落ちていて、踏まない様にと歩く場所捜すが、そん
な空きも無い。時々ポトポトと音を立てて落下してくる。否応なく靴底にはびっしり
と銀杏の果肉、帰る車中は想像通りの状況(笑
07



山側になる真後ろに回り込むと、横幅はさらに広く5mぐらいありそう。もしかして
根元周は12m以上あるかも。
08



270°の位置からは全体が良く見えます。何本寄り添っているかと数えると大小9本
確認。
09



分かれた木は真っ直ぐ寄り添う様に上に向かっているが、日当たりの良い道路側は
横枝が下がって地上2mぐらいまで伸びている。そして累々と並んでいる五輪塔が一種
異様な雰囲気を漂わせています。
10



この時間、西側は陽が射していて明るく、幹の樹肌もはっきりとしています。西側の
森からイチョウへと続く道の様な光景、両側には五輪塔が並べられています。苔むし、
崩れて朽ちかけたものも沢山ありました。こちらが正面だったと思います。
11



とても元が同じとは思えない姿。ぽっかり空いた中央部にはその昔、祠でも祀られ
ていたのではないかと想像をかき立てられる。
12



googleのストリートビューでも確認できます。右に「大イチョウ」への案内が見え
ます。その横を3mほど上った所。

鳥取巨木巡り一覧


  1. 2015/11/12(木) 23:47:22|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<西伯郡南部町福成 「おちらと庵 さえき」 2015年11月 | ホーム | 倉吉市明治町 「料理ゆう @TerraHouse」 2015年11月再訪>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search