今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2015/12/09
倉吉市東巌城町 「渋や」のおろしにしんそば 2015冬

初冬とは思えない暑いぐらいの晴天。

ランチに沖縄そばのお店に行ったらお休み、隣のお好み焼き屋さんもお休み、逆隣
のカレー屋さんは売り切れ続出の案内。頭から「そば」の文字が離れないので倉吉市
東巌城町の「渋や」さんへ。同じ「そば」でもこちらは蕎麦。
01



新そばの案内が出ています。3つの蕎麦粉のブレンド。それぞれの特徴やブレンド
する理由もあるのでしょうが全くの門外漢。
02



人気店ですが13時過ぎともなると前客3組、後客2組と落ち着いていました。店内は
テーブル席x3、上がりの座卓テーブル席x3。若いご夫婦2人での営業は変わらず。
年越しそばの予約はすでに完売となっていました。

こちらがお品書き。今年の1月と同じく天ぷらは中止になったまま、値段は微妙に
上がっているものもあります。新しく豚せいろ(冷)と豚なんばん(温)が追加。
03






そば茶をいただきながら待っていると、迷いに迷ったぱるぴの、おろしにしんそば
(1130円)登場。一目見て「わぁ~」と声が出る。
04



予想では、そばの上ににしん、その横におろしが添えてあるイメージでしたが、絵に
なる盛りつけでびっくり。多めのそばの上ににしん甘露煮があり、その上に高く盛
られている青首大根、さらに上に二十日大根、周りにはレンコンチップ、いんげん
の薄揚げ、蕪、栗の甘煮、刻みねぎと華やかです。そばはかなりコシがあり、以前
より少し太く切られている印象。つゆは甘さのないすっきりした鰹出汁。
05



温かくしてあるにしんは甘く煮詰められて身はぽろりと崩れる。にしんの煮汁と思
うけど、それがそば汁に程よく混ざって美味しかったです。ぱるぴ、大満足。
06



ひさごんは入店前から決めていた、冬定番の牡蠣なんばん(1200円)。薬味が
2種類、原了郭の黒七味と粉山椒。最初に焼きねぎの匂いと柚子の香りが立ち上がっ
てきます。
07



表面を覆い尽くす焼き白ねぎ、大粒の牡蠣は4つ、存在感ある柚子の一片。まずは
つゆを一口、牡蠣エキスたっぷりで少しとろみかかっています。牡蠣風味が強い鰹
出汁です。ねぎは香ばしくとろりとして甘い。粉山椒を振れば、甘い香りとぴりっ
とした辛さ、堪りません。
08



牡蠣は片栗粉をまぶしてソテーされています。その衣にたっぷりと汁を吸い込み、
超熱々。牡蠣の濃厚な味と衣の汁が口の中で混ざるととても旨い。
09



そば湯は泡だててあり、煎った蕎麦の実も浮かべてあり、とても香ばしい。とろみ
があり、つゆを少し入れるといくらでも飲めそうな感じでした。
10



過去記事 2015/01/27
過去記事 2013/04/20
過去記事 2012/12/27
過去記事 2012/01/14
過去記事 2010/11/06
過去記事 2009/12/22
過去記事 2009/09/22
過去記事 2009/08/12
過去記事 2009/08/01
  1. 2015/12/09(水) 23:41:24|
  2. 蕎麦|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<東伯郡琴浦町逢束 「ちっちゃなレストラン」のステーキ 2015冬 | ホーム | 鳥取市吉成 「ファーマーズガーデン 鳥取牧場村」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search