今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2016/02/25
倉吉市新町 パンの老舗「エルハイナー永田」再開

一昨日、韓国カフェを後にして歩いていると、ぱるぴが「永田がやっている」と言
う。新しくオープンのお店は倉吉市新町のパン屋「エルハイナー永田」さん。
ぱるぴによると20年前にはあったようです。後日TVの紹介では、64年前に開業し、
4年前に休業され、先月15日から再開された様です。
01



カレーパンが人気NO1ですね。完売のカツカレーパンはどんな感じなのかな~。
02



この日はほとんど売り切れ状態。惣菜系、サンドイッチ系もすっかりありません。
もちろんバゲットもありません。地元に根付いたお店らしく食パンは一切れから販
売可能となっています。ちなみに朝は6:30からと早いです。
03






イートインコーナーもあります。この日は、ビーフカレーパン(130円)とガーリック
フランス(150円)、コーヒー(150円)を店内でいただきました。カレーは優しい
甘味のあるタイプ。
04



店内から出ると、パンとは違う良い匂い。ひとつ置いて右隣の松本魚店から炭火焼
きの焼き魚の匂い。今でも炭火で焼かれる珍しいお店です。


どうしても期間限定のカツカレーが食べたくて、一日おいて再びやって来ました。
10時前、前回とは変わって沢山並んでいます。
05



イートイン側の台にも並び始めました。
06



目的のカツカレーパンですが、早い時間に買い占めて行かれたそうで売り切れ。12
時頃にまた出来ますよでした。

チルドケース内にも各種サンド系。
07



お話していたら、バタールやいろいろフランスなども焼き上がりました。少し落ち
着いたら天然酵母もやりたいとおっしゃっていました。
08



カツカレーパンは残念でしたが、少しチョイス。一番奥の丸いのはポンデケージョ
です。ふんわりのもちもち感、チーズ風味と微かな塩味。
09



この後、東郷湖西側にある「めぐみのゆ公園」の足湯に。パンを食べたり温泉玉子
を仕込んだり。
10



そして再びカツカレーパンを求めてやって来て、運良く最後の1個を購入できました。
こっぺパンにカツとカレールーが挟んであると想像していましたが、まさかの揚げ
パン。見た目は、カレーパンそのまま。
11



カットすると、中に揚げたカツとビーフカレー、こりゃダブル揚げ。
12



赤瓦・白壁土蔵群の散策後、立ち寄って一息つくのも良いです。
  1. 2016/02/25(木) 23:56:42|
  2. テークアウト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<米子しんまち天満屋 「スパイスマジック グルの店」 | ホーム | 倉吉市東仲町 「本場韓国キッチン&カフェ Ko.Labo」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search