今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2016/03/26
東伯郡北栄町大島 「宮崎神社」の天井彫刻

「大島のスダジイ」を捜しに行く途中神社が見えたので、帰りに期待もせず寄って
みると、まさかの彫刻群に出会ってびっくり。作成している「彫刻のある神社リスト」
にも無く、帰宅後調べるも情報は得られませんでした。

県道250号線を進み、北栄町大島集落へ入る道の右脇に「宮崎神社」(東伯郡北栄町
大島648)がありました。道路を挟んで向かいには7mぐらいの巨大な神燈、その辺り
が駐車場です。

道路のすぐ脇に鳥居、数段上に赤瓦のどっしりした随身門。左綯えの大きな注連縄。
その奥に拝殿の注連縄も見えています。
01



石段両脇には2対の狛犬。右の阿形、手前は相当古いのか頭部が崩れています。奥は
玉を咥えた子連れの狛犬で、子供は玉を抱えています。
02



鳥居を潜ると、随身門の正面と左右に予想外の彫刻がありびっくり。注連縄越しに
天井にもちらりと彫刻。慌てて周りを一周すると側面、背面にも彫刻。じっくり撮し
ながら見る事にしました。

注連縄の上には、荒海の龍、その下の水引虹梁には両端まで波の深い彫りが施され
ています。
03






正面左右の蟇股にも彫刻。左は葡萄と栗鼠、右は牡丹とユーモラスな顔の獅子。
04



右側面。左は蕪に2匹の鼠、右は桜。
05



左側面。左は松、右は縄で縛った二本の大根。
06



随身門の裏側。中央の彫刻、左右の彫刻が見えます。こちら側の虹梁は全面に雲の
模様が施されています。
07



背面中央、雲と鶴。
08



背面左右。左は菊、右は牡丹。
09



随身門通り抜けの天井格子には人物の彫刻がはめ込まれています。写真左下は浦島
太郎、右下は○○三郎と書かれた何かを握っているが不明、左上は菅原道真、右上
は手がかりなく不明。不明人物の特定は困難でした。
(2016年7月31日追記)
右下は鳥取県にも縁のある児島高徳が桜の幹に十字の詩を彫った様子で、握ってい
ると思ったのは、人物の名前書きで「児島三郎高徳」と書いてあるのではと思いま
す。いつもの様に神社関係の画像検索でうろうろしていて、桜の木と蓑姿の画像発
見し詳しく調べてこの結論に至りました。。
残るは右上、これはヒントが全く無く想像だけで。馬上の人物の装束、烏帽子、
笏、従者の持ち物は覆いを被せた太刀もしくは長刀?などから平安時代の貴族では。
とすると後鳥羽上皇ではないか???
10



拝殿は綺麗な赤瓦の入母屋造り、向拝は唐破風。屋根には鯱や鴟尾の飾り、大棟
の瓦と漆喰の模様が際立ってます。注連縄は随身門と同じ大きさ。
11



唐破風下には3つの飾り彫刻。破風下は菊、奥の大瓶束の両側は流れる雲、貫上の
蟇股は牡丹?。
12



鈴を鳴らして、ふと上を見上げると、向拝天井いっぱいに大きな彫刻。普通に見上
げると逆になるので、失礼だけど靴を脱いで上がり、賽銭箱を背にして階段に腰掛
けて真上を見上げる。おおよそ横2.5m、縦1.5mととても大きい。漂う雲の上を長い
尾をたなびかせた鳳凰。
13



長い尾羽の優雅さが美しい。よく見れば背景ばかりと思っていた雲は手前側にも配
置してあり、雲の間を飛翔しています。
14



左に回って、玉垣に囲まれた春日造りの本殿。弊殿は唐破風。
15



向拝の木鼻の獅子は阿吽が逆配置。横の木鼻は深い籠彫り。奥の柱に獏。
16



向拝上部に頭部が飛び出した阿吽の龍。こちらも阿吽の配置は逆、角の一部は欠損
しています。近くに寄れないので分かりづらが、龍の上部にも何かの彫刻。
17



本殿扉上部の左右の蟇股にも彫刻。左は蕪、右は2羽の兎。
18



本殿左側面。左は梅、右は椿。
19



本殿背面。左は菊、右は蟹。中央上部大瓶束には狛犬。
20



本殿右側面。左は鯨、はっきりしないけど鯨であって欲しい。右は狐と桑の葉の
小判(笑。
21



鯨の尾びれに見えるんだけどな~。
22



見過ごしかけましたが、向拝の両側面にも蟇股彫刻があります。花の形は違います
がどちらも牡丹。
23



広い社叢には大きくはないけどスギ、タブノキ、スダジイなど沢山の樹木。一番大
きいのは目通り幹周り3.5mのスダジイでした。

ノーマークであった「宮崎神社」、次々現れる彫刻の数々に少々興奮しながら見て
回りました。帰宅後調べても、この彫刻の情報は全くありません。古いのか新しい
のかさっぱり分かりませんが、モチーフをあれこれ想像するのも楽しいものです。

鳥取神社巡り一覧


  1. 2016/03/26(土) 23:59:11|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:2
<<島根県安来市島田 「舶来屋」 2016年3月 | ホーム | 鳥取巨木巡り 「大島のスダジイ」>>

コメント

ひさごん様
いまさらながらコメントさせていただきます!
ひさごん様のブログはしばしば拝見しながら情報をいただいています。
そこに、な…なんと宮崎神社の記事が!!宮崎神社は、私が35年在住した大島の神社です~!今は宇部神社のお膝元に住んでいるのですが、ひさごん様のブログに取り上げていただいた嬉しさにコメントしてしまいました。ありがとうございました~。嬉しく懐かしく拝読しました。感謝の念に堪えません!
  1. 2016/05/04(水) 20:27:31 |
  2. URL |
  3. はにわ #-
  4. [ 編集]

>はにわさん

いつも弊ブログ見ていただき、ありがとうございます。
35年もお住まいだったなら、それは懐かしいと思います。偶然立ち寄った宮崎神社の彫刻にびっくりしました。随身門天井のモチーフが未だに解らないのが残念です。
  1. 2016/05/05(木) 07:17:55 |
  2. URL |
  3. ひさごん #TUPMmKso
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search