今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2016/04/07
岡山県真庭市別所 雨に霞む「醍醐桜」 2016年

もう何年になるのかわからなくなる程昔から、毎年会いに行く岡山県真庭市別所の
桜の巨木「醍醐桜」。この日朝早く行くと決めていたので、大雨の中向かいました。

5:30に出発、止む事もない雨、6:50には駐車場に到着。激しい雨の中、坂道の途中
から見上げると、雨と靄に霞む「醍醐桜」が見えてきました。
01



多くのカメラを抱えた人がトイレの建物で待機中。止みそうもない雨に半分諦め気
味でした。大桜への細道、さすがに人もまばら。色の無い、影の様な姿。
02



近づくと、やっと花の色が浮かんできます。見ようによっては、晴れた日より色が
はっきりしている様に感じます。錯覚だと思うけど。
03






ザァーザァーと傘に当たる雨音、濡れてすべり易くなった板道を反時計方向にゆっ
くり進みます。この雨の中、後ろの藪からは変わらぬうぐいすの鳴き声。今年の鳴
き声は上手かなと思ったり。
04



巨木中の巨木、その姿に似合わぬ小さな花がいっぱい着いています。枝も四方に張
っています。
05



根元へと続く板道、脇には小さな祠。樹下に入ると傘に当たる雨音も幾分少なくな
りました。この場所で巨木の力強さを体全体で感じます。この感覚を体感するため
に毎年欠かさずやってきます。
06



このごつごつした瘤の幹、近くからは視界いっぱいに広がる大きさ、樹木医による
痛々しい治療の跡、横枝を支える支柱、頭上いっぱいに広がる花。この光景で毎年
溜め息が漏れる。
07



雨が強いけど散る花は少なく、まだ咲き始めたばかりです。アズマヒガンの可憐な
花、雨にしっとりと濡れています。今年は花が多い様に感じました。
08



ぐるっと回って真裏側、全体が良く見えます。山のてっぺんにぽつんと佇む姿。
09



さらに回って3/4周の位置。幹の太さは驚愕、毎年根元で上を見上げる人がいらっ
しゃるのですが、今日は誰もいらっしゃらない。ひっそりとした醍醐桜。
10



ゆっくり1周して元の位置まで。毎年2周するのですが今年はこれでさよならです。
来年もふたたびこの場に立ちたいと願いました。
11



醍醐桜を後にして、麓の佐引集落のカタクリ群落へ。斜面いっぱいに自生していま
す。雨に濡れ、まだ日も当たっていないので、可憐な花は下を向いたままでした。
12



過去記事 2015/04/11
過去記事 2014/04/08
過去記事 2014/04/05
過去記事 2013/04/07
過去記事 2012/04/15
過去記事 2011/04/17
過去記事 2010/04/04
過去記事 2009/04/11
過去記事 2008/04/12
過去記事 2007/04/02
過去記事 2006/04/16
過去記事 2005/04/10
  1. 2016/04/07(木) 23:13:33|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<三朝温泉 「みささガーデンホテル」のフルコース 2016春 | ホーム | 東伯郡湯梨浜町松崎 「Café Achelino(アチェリーノ )」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search