今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2016/04/30
日野郡日南町菅沢 「ときわすれ清水屋」 2016年春

琴浦町赤碕の「鳴り石そば」が閉店され、あのそばは本店である日南町菅沢の「とき
わすれ清水屋
」さんまで行かなきゃ食べられなくなりました。冬期は休業の清水屋
さん、4月に営業開始です。

駐車場の端には筍が生え、下方の川は澄みきっています。のんびりと歩いてお店に
向かいます。店の横から裏山にかけては広大な庭園、600本のシャクナゲの一部が少
し花をつけていました。
01



予約していましたがずいぶん早く到着。支度が出来るまで道路向かいの敷地を散策
されてはと薦められる。畑の横を過ぎると丸木橋、渡ると睡蓮の池がありましたが、
葉が開くのはもう少し先。紅葉の根元には蜜蜂の巣箱。次はわらびの栽培地、沢山
伸びていす。歩きやすい様に整備され、木陰も多く、また鳥のさえずりがあちこち
から聞こえてきます。ぐるっと回ったら上流の丸木橋。渡ると駐車場の横に出てき
ました。20分の里山散策でした。
02



9年目の再訪ですが雰囲気は変わっていないなと言うのが第一印象。営業は3人でな
さってます。
03






大きな古民家、畳のお部屋にテーブル席が点在しています。縁側にも2人席が3つ。
他の畳部屋に椅子テーブル席もありました。初夏の様な風で気持ちもよく、縁側で
いただく事にしました。
04



お品書き。冷蕎麦4種、温蕎麦3種。定食にもできます。
05



定食の天ぷら食材はこちら、こしあぶら、しいたけ、ゆきのした、よもぎ、アスパラ、
そして左の薄紫の花が付いているのは、カキドオシと言うそうです。
06



辛み大根おろし(1100円)と定食(700円)。
07



そばは四角い形、少し白っぽく、星はありません。シコシコしたもっちりタイプの
固めのそば。つゆは甘くない辛め。辛み大根はかなりの辛さでした。
08



定食の天ぷら。カキドオシは微かな酸味と苦み、そして香り。こしあぶらは葉の香
りと茎の苦さ。
09



筍ご飯、少々餅米がこつこつしてましたがご愛敬。小鉢は茎ブロッコリーのごま和
え、そしてお漬け物。
10



かけ(900円)と定食(700円)。
11



今にもとけそうな、もちっとしたそば、少し燻された風味を感じるつゆ。
12



そば湯の湯飲みを見た瞬間、色合いとフォルムでこれはと思った。裏を見てやはり
従姉の作でした。ちょっとびっくり。どろっとして濃く、表面には幕が張る程の湯。
13



里山の光景にどっぷりつかって、そばをいただく時間、まさに「ときわすれ」です。

帰りに土間から見上げると、太い桁と曲がって交差した梁。これでもかと頑丈に作
られていました。板の間の横には1尺の黒光りする大黒柱。入り口には大瓶に山の花
が生けられていました。
14



過去記事 2007/04/22


ランチの後は、オープンしたばかりの生山道の駅「日野川の郷」へ。お出迎えは
「オッサンショウオ」。木組みが美しい店内は大盛況。食堂も満員、トマトソフト
コーナーは長蛇の列。目に止まったのは、グルテンフリーのパスタ、左が玄米麺、
右が米粉とほうれん草の麺。
15


  1. 2016/04/30(土) 22:19:27|
  2. 蕎麦|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<日野郡日野町板井原 「板井原神社」の本殿彫刻 | ホーム | 岡山県真庭市蒜山 手打ちそば「叉来(またぎ)」 再訪>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

09 | 2017/10 | 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search