今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2016/07/28
北東北旅(6) 立ち寄り湯 「酸ヶ湯温泉 千人風呂」

今日の立ち寄り湯は、「酸ヶ湯温泉」さん(14:20到着 394km)。山の中にここだけ
大きな建物。写真は中央部だけですが、両側にも大きな建物があります。駐車場も
沢山あるけどすでに満車に近い状態。空きを待って入館。
01



入り口の発券機で入浴券を購入します。混浴だけなら500円、混浴と男女別の両方は
1000円でタオル付き。宿泊者と立ち寄り客で混雑してました。
02



鄙びた感じなど全く無い、広い通路には人がいっぱい。湯上がりの休憩スペースに
も人がいっぱい。写真はブレブレですが、こちらが混浴への入り口。左が男性、右
が女性。入浴券は入り口の箱に入れるだけ。混浴ですが、女性限定の時間が設けら
れていました。午前8時~9時と午後8時~9時。
03






脱衣所から通路を数歩進むと、ぽっかりと混浴の「千人風呂」が姿をあらわします。
大きな空間は天井が高く、また柱が一本もないです。天井中央は湯気の逃がしの吹き
抜けが大きな口を開けて高く続いています。湯殿の大きさは目測で横25m、縦35m、
大間違いか?自信ないです。見るまでは鄙びた感は無いと思ったけど、この湯殿は昔
ながらの大湯治のそのままの感じです。感激!

壁の3方の窓と天井の中央からの光、そして側面の所々にある白熱電灯だけなので
薄暗いです。

階段を下りると「熱の湯」の湯船があります。深さは膝上20cmとかなり深め、内側
周囲には腰掛けがあり、縁は巾40cmぐらいの木枠、底も板が張られています。木枠
はすっかり減って年月を感じます。
湯はうっすらと乳白色、舐めると酢の味と甘味、匂いはもちろん酢の匂い。浴感は
サラリとしていました。

男女ともここから越えてはいけないと書かれていますが、遮蔽物はありません。目に
見えない境界(図の赤線)が奥の湯船まで設定されています。

女性は湯浴着、バスタオル巻きでの入浴は可能。女性の為の目隠し(図の緑線)が右
側にあり、奥の湯船内途中までありました。

奥の「四分六分の湯」はすさまじく熱い。なので湯船の縁に腰掛けている男性が雀の様
にずらりと並んでいらっしゃいます。こう言う状態なので、女性は奥の目隠しをなか
なか越えられないので目隠しの陰で芋の子になっていらっしゃった様です。それでも
何人かは首だけ出して中央にお進みでした。
04



湯から上がって冷水で体を拭きましたが、汗が止まる事はありませんでした。久々に
ヘロヘロ。写真は撮れないので忘れないうちに内部の様子を詳しくスケッチ(笑


今日は昼食抜きになってしまったので、併設されているお蕎麦屋「鬼面庵」さんで立
ち食い。時間が時間なので2人でかけそば(550円)を半分ずつ。混合節の酸味かな~、
押し出した様な麺、食感はぼそぼそとしていました。
05



今日のお宿はもう目の前、疲れたので早く横にならんといけん。

北東北旅(1) 立ち寄り湯 乳頭温泉郷「鶴の湯温泉」
北東北旅(2) 一泊目お宿 乳頭温泉郷「黒湯温泉」
北東北旅(3) 「田沢湖」から「十二湖 青池」
北東北旅(4) 二泊目お宿 「黄金崎不老ふ死温泉」
北東北旅(5) 「千畳敷」・「北金ヶ沢のイチョウ」・「大正浪漫喫茶室」
北東北旅(6) 立ち寄り湯 「酸ヶ湯温泉 千人風呂」
北東北旅(7) 三泊目お宿 「蔦温泉」
北東北旅(8) 「奥入瀬」と「十和田湖遊覧」
北東北旅(9) 石臼挽き手打そば「洸庵 満月」と「大湯環状列石」
北東北旅(10) 立ち寄り湯 「後生掛温泉」
北東北旅(11) 四泊目お宿 松川温泉 「松川荘」
北東北旅(12) 「田沢湖遊覧」、さよなら北東北
  1. 2016/07/28(木) 22:57:34|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<北東北旅(7) 三泊目お宿 「蔦温泉」 | ホーム | 北東北旅(5) 「千畳敷」・「北金ヶ沢のイチョウ」・「大正浪漫喫茶室」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search