今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2016/08/28
西伯郡伯耆町番原 「植松神社」のとんがり本殿と彫刻

伯耆町役場を通り過ぎ、県道36を大山に向かって上り、番原地区にさしかかる辺り、
右側に神社の社号標が見えてきます。駐車場がないので通り過ぎ、番原入り口バス亭
の近くの空き地に駐車。バス停から振り返ると、若木より高い本殿の姿が見えます。
いつも見慣れている神社の本殿とは明らかに違います。
01



80mほど引き返すと道路脇に「植松神社」(西伯郡伯耆町番原(ばんばら)727)の
社号標があります。その横を少し進むと、鳥居とその向こうに狛犬、灯籠が見えて
きます。
02



鳥居を潜ると、真っ直ぐ伸びる石畳の先に赤瓦の拝殿、その屋根越しに本殿の屋根
が見えます。低く幅が広い拝殿に対して半分の巾で倍の高さの本殿、色も赤瓦と黒
い銅板葺、否応にも目を惹きつける構成。
03






近づくと拝殿屋根に隠れるので、本殿屋根はこの位置からが一番良く見えます。大
きくて鋭角(約65°)な千鳥破風は背後の本屋根がなければ切妻造妻入と勘違いしそ
うな程堂々とした造りです。懸魚は見た事のない形。遠目では黄金の冠を被り、三
つ編みを垂らし入れ墨顔の人に見えてしまう。そんなわけはないでしょうけど。
04



拝殿はいたって質素で彫刻等一切ありません。左に回ると拝殿とは離れて建つ本殿
の全貌が現れます。弊殿や玉垣を無くす事で、完全に屋根が強調された建て方です。
極端に鋭角な流造、切妻造りを彷彿させる千鳥破風、そして軒唐破風。高く真っ直
ぐ建つ姿が独特です。
05



正面から見ると、屋根巾いっぱいに千鳥破風と唐破風。注連縄も太い。
06



唐破風下には大きな彫刻があります。唐破風懸魚は羽根をいっぱいに広げた定番の
鳳凰。
07



虹梁上には巨大な阿吽の龍、頭部が極端に大きく感じます。透かし彫りで立体的、
うねる髭が浮き上がっています。その上には牡丹に4頭の飛び跳ねる子供唐獅子。
この3つのモチーフの組み合わせは、琴浦町「倉阪神社」の本殿唐破風下にそっくり
でした。
08



向拝柱の木鼻、正面が獅子、側面が獏。柱の倍巾の頭でっかちで、独特な顔つき。
09



左側面全景。長押上に彫刻、脇障子にも彫刻があります。
10



本殿周囲4ヶ所の長押上にはそれぞれ1対の中備彫刻があります。左側は4ヶ所全て
牡丹ですが、右はそれぞれ違います。

正面長押上右、相撲。
11



左側面長押上右、酒造り。
(記事最後に2017年3月追記あり)
12



背面長押上右、笙を吹き、鶴に乗った王子喬(おうしきょう)。
13



右側面長押上右、竹と虎
14



左脇障子の彫刻を一目見て、「あぁ」と声が出て顔がほころびました。これは鉄拐
(てっかい)仙人の体から魂が離れる場面。琴浦町「倉阪神社」で唯一不明だった
彫刻で数ヶ月かけてやっとわかったモチーフと同じです。武器の瓢箪や鉄杖も彫ら
れています。不思議な事に背景の岩場もそっくりです。画像検索しても背景が岩場
のものは無いので、これは倉阪神社を見て彫られたと思います。
(記事最後に2017年3月追記あり)
15



この左脇障子の鉄拐仙人の真裏には、鳳凰のつがい、右はオスの鳳、左はメスの凰。
少し鳳凰とは違う様な気もしますが?
(2017/2/4追記)孔雀のつがいかも
16



右脇障子の彫刻は、甘草湯を飲ませ龍の病を治した馬師皇(ばしこう)。この地に
伝わる大蛇と大ムカデ伝説、その息絶えた伝説の大蛇に蘇って欲しい意図があるの
かも。こちらの裏には唐草の模様があるだけでした。
17



本殿正面、参道右脇に小さな八幡神像。
18



本殿や彫刻はそれ程古いとは感じませんでした。それにしても本殿の異様さは飛び
抜けていて、人の目を惹きつけるものがあります。タイの寺院を彷彿させる鋭角が
印象的でした。

(2017年3月追記)
いつものように彫刻関係を検索していたら、彫り師がお手本にしたと言う「諸職画鑑
(しょしょくえかがみ)」の中にそっくりな絵を発見。

左側面長押上右、酒造りはこの絵が元になっていますね。そしてよく似た彫刻を見
つけましたが、どうも酒造りでなく「猩々」の様です。
19



左脇障子の鉄拐仙人もこの絵が元になっている様に見えます。足の組み方、瓢箪や
鉄杖の位置など似ています。
20



モチーフを何ヶ月もかけて解明するのが神社彫刻の楽しみでもあります。


鳥取神社巡り一覧

  1. 2016/08/28(日) 22:15:05|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<米子市淀江町 手打ち蕎麦や「ぎんれい」 | ホーム | 西伯郡大山町御来屋 地魚料理「恵比須」 2016年8月>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search