今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2016/10/09
鳥取巨木巡り 「くらよしの名木めぐりバスツアー 2016」

倉吉市主催の「くらよしの名木めぐりバスツアー2016」に参加しました。この日は
生憎の小雨でしたが参加者60名、圧倒的に女性が多かったです。バス2台で市役所を
出発。
01



最初に向かったのは「山長神社」(倉吉市森)。案内役は森本先生、社叢には大きな
ムクノキ、タブノキがあるそうです。
02



石段上った左に、目通り幹周り6mのムクノキ。どっしりと根が張ってムクノキらし
い。
03






境内前側左隅に一際大きなタブノキ、別名ハネリ。確かイヌグスとも言ったはず。
タブとは朝鮮語で丸木船を意味するそうです。目通り幹周り6.5mぐらい。根元部が
一部枯れていますが、上部はよく茂っていて元気そう。
04



社殿左脇には今は枯れたムクノキの巨木。相当な大きさだったと思う。
05



女性の皆さんが樹木の事をよく知っていらっしゃり驚きました。一目でヒノキと
アスナロが区別できるなど。
06



神社をゆっくり見る時間はありませんでしたが、石段両脇の狐、拝殿虹梁上の力持
ち像、拝殿屋根の隅棟の猿像など興味深く、改めて訪ねたいと思いました。
07



次は、「正應寺」(倉吉市中野)。こちらには中国原産のコノテガシワがあると説
明がありました。どうも以前は違った樹種と思われていたらしい。とても珍しい木
だそうです。
08



境内の右に5、6本直立しています。目測すると樹高は15m、最大幹周り1.8m、ヒノキ
の仲間で枝は下方に伸び、葉に裏と表がないのが特徴。
09



お寺を後にして向かったのは、「倭文神社」(倉吉市志津)。社叢はかなり広い。
立ち尾の出雲丹後型狛犬と高い両部鳥居。
10



鳥居を潜って参道を進むと再び阿吽の狛犬、左吽形の背後に杉の大木、そして右に
は目通り幹周り5m、樹高30mのイチョウ。イチョウの雌は横に枝を張るそうです。
11



イチョウのさらに右にはタブノキ。目通り幹周り5m、下部に祠には道祖神?が祀ら
れていました。
12



拝殿は正面5間の入母屋造り平入り、大きな注連縄の両脇にも注連縄、めおと綯えで
〆の子の上は飾り結びとなっていて独特。
本殿は、変形の流れ造りで、大きな千鳥破風、向拝は唐破風。透塀外からの遠目で
したが、向拝の木鼻から繋虹梁の彫刻がすごい。また身舎の隅尾垂木は龍の彫刻。
近くからじっくりとみたいものです。
13



本殿裏にはケヤキの大木。幹周り4.5m、枝分かれせずまっすぐ伸び、樹高はおおよそ
25m。
14



そして、本殿裏の右隅に神木である子宝安産祈願の「さんの木」。高さ2mあたりが
瘤で大きく膨らんでいます。この瘤が乳房で下部の空洞内が陰陽和合。「この木の
ある部分を触ると・・・」と書いてありますが、ある部分とはもちろん中央のもの。
15



最後に訪れたのは、「山守神社」(倉吉市関金町今西)。ここは巨木巡りを始めた
頃に一度来ています。
田んぼの中に突っ立っている高い灯籠が目印。
16



社殿背後の両側にスダジイが見えます。また社殿右横にもスダジイの巨木。先生の
説明があり、実が長細いのがスダジイで丸いのがツブラジイと初めて知りました。
また木曽五木のお話もありました。
17



左奥のスダジイ、目通り幹周り6.5m、上部で2分岐、樹高は目測30m。枝張りも樹勢
も良い。初めて来た時は、根元まで近づき、藪蚊と戦った記憶があります。その時
の幹周りの目測は7mとしていました。
18



ぐるっと回って社殿右、狛犬の背後のスダジイ。大きさの目測忘れの失態。大きな
板根が手前に伸びています。
19



皆さんの知識に驚くばかり、未だにムクノキもタブノキもすぐには分からない。
ましてやヒノキとアスナロの区別などもってのほか。少しずつ覚えていきたいと
改めて思いました。

鳥取巨木巡り一覧


  1. 2016/10/09(日) 23:32:54|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<鳥取巨木巡り 「西御門(仁王堂)の大イチョウ」 | ホーム | 西伯郡伯耆町金屋谷 「コウボパン 小さじいち」 2016年10月>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search