今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2016/12/23
岩美郡岩美町浦富 「旬魚 たつみ」 ばばちゃん御膳 2016年12月

アオウミガメの展示がされていると聞き、岩美町の山陰海岸学習館さんへやって来
ました。施設の名称が「山陰海岸学習館」から「山陰海岸ジオパーク海と大地の自然館
とやたら長い名前になっていました。

館内入って最初の大きな水槽で他の魚たちと一緒に公開されていました。定置網に
かかり漁師さんが玄関でドテっと下ろされてびっくりしたそうです。
間違えて日本海側にやって来て、今の寒い海では生存不可能。水槽も24°まで上げ
たそうです。4月まではこちらで保護する計画だけど、4月の日本海も冷たく、太平
洋側で返さないといけないらしい。詳しくは決まっていないとの事。
01



コバンザメが甲羅に張り付いていて迷惑そうなカメ。体をゆすったり、泳いだりして、
振りほどこうとするけど、コバンザメはしぶとい(笑
02



おおよそ5才の個体で高校生ぐらい。食べ物は海藻だけど野菜も食べるそうで、夜
水槽に白菜を入れておくと朝にはなくなっている。
03



過去記事 2016/02/06
過去記事 2015/03/15
過去記事 2014/03/16
過去記事 2013/02/24




**************************************************

お昼は、岩美郡岩美町浦富の「旬魚 たつみ」さんへ。雨の平日でしたが、開店前
から約10名の行列。
04



毎回ですが、予約無しの2名はカウンターに案内されます。カウンターがいっぱいに
なると、テーブル席での相席となる様です。

こちらお昼の10食限定、ばばちゃんの料理。ばばちゃんとはタナカゲンゲ、岩美では
「ばばあ」と呼ばれていたはず。
05



ばばちゃん御膳(1450円)。広めのカウンター席ですがはみ出しそう。ばばちゃんは
鍋、唐揚げ、フライ、アラ汁。
06



ばばちゃんの鍋。白身で皮側にくるっと反っています。火が通ると身が少し開き出汁
を吸い込んでいます。とても淡泊で、食感が命。皮の部分は少し脂があります。鱈に
ちかい感じかな。
07



ばばちゃんフライ。揚げたてで衣はサクサク、肉厚の身はふんわりしてとろけそう。
淡泊なばばちゃんですが油がからむととても美味しいです。
08



ばばちゃん唐揚げ甘酢。しっかり揚げられているので身が引き締まっています。歯
応え十分。頬あたりもあり、皮はゼラチン質でとろりとしています。
09



お造りは、カレイの子まぶり、鯛の湯引き、ヒラマサ。
10



小鉢は、いか下足と白菜の胡麻和え、ぜんまいと魚の煎り煮。茶碗むしにはカニの
ほぐし身が入っていました。
11



こちらは、通年メニューのたつみ御膳(1350円)。煮付け、お造り、フライ、小鉢
2つ、茶碗蒸し、アラ汁。こちらのアラ汁はカワハギでした。
12



煮付けは赤ガレイ半身。いつも変わらぬ甘からずの炊き具合。
13



お造りは、ばばちゃん御膳と少し違って、鯛の湯引き、ヒラマサと白いかでした。
14



揚げ物はイワシフライ。小鉢x2と茶碗蒸し。
15



ちなみに、この日の黒板メニューはこちら。
16



予約の松葉がにコースのお客様もちらほらいらっしゃいました。

過去記事 2016/06/17
過去記事 2016/02/06
過去記事 2013/11/14
過去記事 2013/07/18
過去記事 2012/07/07
過去記事 2010/03/21
過去記事 2009/07/19
  1. 2016/12/23(金) 23:39:59|
  2. 和食|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<浜村温泉 「魚と屋」のランチ再訪 2016年12月 | ホーム | 鳥取市吉成 中国料理銀座四川「壽桃(スータオ)」でランチ 2016年12月>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search