今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2017/05/05
鳥取市青谷町絹見 「幡井神社」の胴羽目彫刻

倉吉からは湯梨浜町泊から県道259を進み、「筒地のスダジイ」を通り過ぎ、ひと山
越えると「びわの里」青谷町絹見地区。道路脇には袋がけされたびわ畑が点在して
いました。
01



259号からたんぼ道に入ると「幡井神社」(鳥取市青谷町絹見802)の社頭が見え
てきます。道路脇に灯籠、石段、その先に駐車場があります。
02



天保8年の灯籠。自然石の上に置かれているけど、この前の地震で倒壊しなかったの
が不思議。自然石と言えば「川六」さんを思い出します。
03






9段の石段を上ると鳥居。この古るそうな鳥居、刻字を読もうとしたが年号は不可
能。しかし作者は「大平田村石工 尾崎■兵衛」と読めるがあの「川六」さんの親
戚なのか?
04



鳥居を潜ると再び石段、そして随身門。門手前右に蓮形の手水鉢、その右に杉の大木
と銀杏の大木。随身門の先に石段が続いています。
05



最後の石段を上りきるとすぐ正面に拝殿。入母屋造妻入で入母屋の向拝。両脇には
古い灯籠、竿は珍しい円柱、刻字は寛延2年。拝殿前には扇形の拝み石が置いてあり
ます。目立った彫刻類などはありません。
06



社殿を左に回った途端、目に飛び込んだのは境内社横のタブノキの巨木。彫刻目当
てでやって来ていたので、これにはびっくり。巨木については別記事にて
07



本殿は1間社流造、銅板葺き。高床側面は板が張ってあります。この本殿彫刻は鳥取
市保護文化財。
08



正面軒下は柱間いっぱいに雲と龍。下から見上げると雲の曲線が印象的です。
09



扉も美しいです。上部は麻の葉の透かし彫りに中央が社紋の二重亀甲五徳柏。下部
は浮き彫りの幾何文様。
10



扉上部の斗栱間の中備彫刻は、細部まで丁寧に彫られた松。
11



左向拝柱の木鼻は正面が獅子、側面が獏。巻き毛もくっきりと盛り上がっています。
12



本殿左側面。身舎の胴羽目、斗栱間中備、大瓶束脇の笈形、懸魚、桁隠しに彫刻が
見られます。
13



ゆっくりと部分毎に見ていきます。まずは胴羽目。

左側面胴羽目彫刻、2面の板に彫刻が施されています。獅子と牡丹の構図。くっきり
とした彫り。獅子の火焰5尾、牡丹は蕾、八部、満開の3態。
14



背面胴羽目彫刻、それぞれ別に彫られた透かし彫りが身舎に取り付けられています。
側面は板に彫られ額縁の様な縁がありますが、こちらは背面全体を使っているので、
大きく迫力があります。また透かしてあるので立体さが強調されています。
相対する龍虎の構図。体をくねらせ頭を持ち上げ尾をぐるっと巻き、玉を握る龍。
竹林に潜む虎、足元には筍。
15



斜めから見ると龍虎のにらみ合う視線が繋がっている様に感じられます。また龍の
腹鱗の彫りと虎の背中の毛の彫りが荒々しく力強さを際立てています。
16



右側面胴羽目彫刻、左は松に鷹、右は鯉の滝登り。松笠や鯉の鱗も丁寧に彫られて
います。
17



次は軒下彫刻。
左側面、びっしりと彫刻で埋められています。斗栱間の中備、梁、大瓶束脇、桁
隠し、写真では見えませんが棟の持ち送りにもあります。梁には浮き彫りの菊、
その上の大瓶束両脇は草葉文様、桁隠しは彫りの深い左菊、右牡丹。
18



左側面中備彫刻は鳳凰。
19



見逃す所だった大瓶束に取り付けられた大棟の持ち送り彫刻。左側面は菊の籠彫り。
20



後ろに回って、背面中備彫刻は麒麟。
21



右側面。桁隠しは左桐、右琵琶。どちらも精緻な彫りです。
22



右側面中備彫刻は鶴。
23



右側面の持ち送りも同じく菊の彫刻でした。
24



数々の彫刻群、どれも彫りがくっきりと精緻でした。また胴羽目彫刻はさすがに迫
力あります。一番印象に残ったのは単純に背面の龍虎、夕陽が当たって木の葉の陰
影が映り、躍動感にみなぎっていました。
期せずして巨木に出会い、彫刻と巨木の両方に夢中になってしまいました。

鳥取神社巡り一覧


  1. 2017/05/05(金) 22:33:06|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<鳥取巨木巡り 「幡井神社のタブノキ」 | ホーム | 八頭郡智頭町板井原 「向山神社」>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search