今日もおでかけ

鳥取食べ歩き、温泉巡り、自作料理、ガイナーレ鳥取応援、巨木・神社巡り

2017/07/10
倉吉市関金町山口 「矢送神社」の人物彫刻

この日、ナビに表示される神社を数社巡りました。蒜山の長田神社で石工「亀助」
作の狛犬に出会って驚きましたが、この後参詣した「矢送神社」(倉吉市関金町
山口447)でも「亀助」の銘を発見し、こんな偶然はあるのかと興奮。

関金から県道115を進むと道路脇に社頭が見えてきます。鳥居前には常夜灯、手水
鉢。石段まではコンクリートの参道が続きます。
01



50m進むと、正面に随身門、背後にはやる気が失せる石段が見えています。
02



随身門を潜って石段を見上げる。左が古い石積みのもの、右は手すり付きの
コンクリート製。一瞬古い方と思ったけど手すりの魅力には勝てません(笑
左と右とは同じ高さで続いてましたが、途中から微妙にずれて、新しい方は
114段でした。
03






石段を上ると参籠所。その左に石段が見えます。車で近くまで上がれるらし
く、その参道でした。脇には完全に崩壊した新しい鳥居、これも地震の被害。
04



参籠所を通り抜けると境内。正面の一段上に社殿がありますが、石垣が崩れた無
惨な姿。
05



石垣は崩壊し、灯籠、狛犬は台座から落ちています。拝殿は、3間x2間の入母屋造、
平入、銅板葺き。大きな千鳥破風を置き、1間の軒向拝。隅木が長くて軒が深く、
屋根隅の反りもあり美しい。
06



落下した狛犬は座型。向拝柱脇に置かれていましたが、右の阿形は前後脚とも折
れて立てない状態。狛犬の台座には「天保四 巳六月日」の刻字。石工銘は確認
できませんでした。
07



左綯えの大きな注連縄、〆の子。その上に彫刻。
08



水引虹梁上には、大きめの龍の彫刻。鱗などの彫り目と木目が重なって独特な
風合いです。これまでの神社では木目が強すぎて逆効果の彫刻もありました。
09



本殿は、切妻造り、妻入り、唐破風向拝。隅木を使った春日造り変態。
10



屋根下は二軒、二手先斗栱、尾垂木、支輪とにぎやか。廻縁下の腰組は三斗。
弊殿と向拝は側面が覆われて見えません。しかし、縦桟格子や菱格子などで美
しい姿に仕上げられています。普通は板張りで味も素っ気もないのですけど。
11



向拝左側面。木鼻は正面が獅子、側面が獏、奥柱が象です。柱間の繋虹梁には、
牡丹の彫刻。その上には馬に跨った彫刻。写真左上の手挟みは菊。
12



この彫刻を見て、K氏がFBで紹介された神社だったと思い出しました。他の彫刻も
題材が不明で現地で確認しますと宣言していましたが、残念ながら現地でもさっ
ぱりわかりませんでした。

馬を走らせる武人。頭部に「おいかけ」があるので平安時代かな。戦装束ではない
ので競馬(くらべうま)と推理。
13



本殿左側面。海老虹梁の下に社紋の違矢羽根が透かしてあり、斗栱間には彫刻。
14



斗栱間の彫刻は瓢箪を抱えている仙人。瓢箪を抱えているので瓢箪から駒の
「張果老」か魂を吐き出し、武器の瓢箪を携える「李鉄拐」か? 決め手の馬
はいませんが瓢箪がかなり大きいので「張果老」の可能性が大きいです。
15



本殿背面の様子。
16



長押上、横巾いっぱいに龍の彫刻。大きいので迫力あります。
17



龍の上に女性が書物を開いている彫刻。題材を推測するにはヒントになるものが
全くなし。髪型や帯びの結び方は中国風。不明なので女性と書物が題材となる中
国の故事を調べてみたいと思います。
18



回って本殿右側面の斗栱間彫刻は、中国風衣装の男性が書物を読む姿です。背面
の題材と同じ感じです。
19



目を下に向けると、基礎部亀腹に石工銘を発見。本殿が元治元年に作られ、基礎
工事に「堀村 亀助」「同 勝三良」「廣瀬村 蔵右ェ門」の3人の石工さんが
携わったと考えられます。蒜山、長田神社の狛犬の石工さんと同じ「堀村 亀
助」さんでびっくりです。K氏の紹介を読み直したら、灯籠にも亀助さんの刻字
があるそうです。
20



本殿向拝右側面。こちら側の手挟みは牡丹の彫刻。
21



繋虹梁上の彫刻は、手綱を引く馬上の武人。反対側と同じ競馬の一場面か?
22



これだけ人物の彫刻が多いのは初めてです。どんな願いが込められていたのか。
見えない正面の虹梁上や斗栱間にはどんな彫刻が施されているのか。ヒントは
あるのか。

境内右には、目通り幹周り目測4.5mの大杉。高さは見上げて目測35m。
23



ぞっとする様な石段をゆっくり下って「矢送神社」の参詣を終えました。
24



鳥取神社巡り一覧


  1. 2017/07/10(月) 23:05:56|
  2. 温泉・観光・風物・史蹟|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント:0
<<東伯郡湯梨浜町はわい長瀬 「つるや」でランチ 2017年7月 | ホーム | 岡山県真庭市下湯原 「下湯原温泉ひまわり館」でランチ>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ひさごん&よこりん

07 | 2017/08 | 09
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Recent Comments

Index

Category

Archives

Links

Search